美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

北原式とトレチノインとの併用 思考錯誤中

2016
07
北原クリームが1瓶使い終わったので2つ目に突入。

2ヶ月で一瓶使い切る感じ?

北原クリームはベタつくから、とチビチビ使うとその後の練白粉のノリに影響するのでケチらずに顔がべたつくほどたっぷりと塗ってしっかりと顔に塗り込み擦り込みします。

そうするとホットヨガやっても一晩寝てもお化粧直ししなくてすむ程しっかりと練白粉が顔と密着していつまでたってもきれいなままでいられます。
そして何よりも油分なのでしっかりつけて乾燥を防ぎたい。

乾燥はお肌の大敵。

とにかく保湿命です。

そんなわけで、本日は私もどうしたもんかと悩んでいることについてご質問をいただきました。

質問をさせていただきたいのですが、トレチノインを私も久しぶりにしたいとおもっています。
しかし北原化粧品を使っているときは他のものとの併用は難しいのですが、トレチノインを塗りしばらくは毎日ハイドロキノンを塗る際、どのように北原化粧品と併用していますか?(どのタイミングでハイドロキノンを塗る?)



そうなんです。

れんげ化粧水の時もそうだったけど、私が好んで使用する化粧品は使い方にかなり個性があります。

まず、他の化粧品との併用ができない。

でもスキンケアのひとつとしてトレチノインだけは絶対に外せない。

これからもトレチノインは使い続けます。

では、北原化粧品を使っている時にどのタイミングでトレチノインを取り入れるか、ということになるのですが、私もまだまだ試行錯誤中。

トレチノインの塗り方や効果などでいつも参考にしている「美容医学への扉」では、シミ治療の場合はトレチノインを塗った後、しばらく放置し、乾かしてから洗い流してもよいと書いてあります。

ただし、小じわや顔全体の張り対策として全顔にトレチノインを塗る場合の治療法としては、「水性基材の0.1%のトレチノインゲルを日1回もしくは2日に1回顔面全体に極薄く塗る」となっています。

そして、
「当初はハイドロキノン乳酸軟膏を併用して、漂白治療も合わせて進めると良い。トレチノイン水性ゲル単独で使用する場合は保湿剤を併用すると良い。」

とあります。

ハイドロキノン乳酸軟膏というのは東大式のトレチノイン療法で使用されるもので、以前私が手作りで作ったことがある軟膏です。
➜「実践!東大式7%ハイドロキノン製剤」の記事をどうぞ

これが乳酸のせいだかなんだかわからないけど、顔が真っ赤になるので要注意だったような。

そして小じわ対策としてのトレチノイン治療は長期的に使用することが大切で、反応を見ながら徐々に濃度をあげていくことも効果があるし、薬理効果をあげるために計画的な間歇的使用(2-3ヶ月治療後、1-2ヶ月中止することを繰り返す)を行うことも良いとも書いてあります。

顔全体にトレチノインゲルを使う場合の洗顔後の順番が「美容医学への扉」には書かれていないのだけど、私の場合は、

通常は、

洗顔➜トレチノインハイドロキノン➜ニベアもしくは保湿クリーム(但し、乾燥を感じた場合のみ)

みたいにして使用していました。

トレチノインとハイドロキノンを使うのは私の場合は基本的には夜だけなので朝は北原式でも基本の使い方でお化粧までできるのだけど、問題は夜。

今まで試したのは、

洗顔➜トレチノイン➜北原美肌水➜北原ミルク➜北原水クリーム➜北原クリーム➜練白粉での寝化粧

だったんだけど、私はトレチノインのゲルではなくクリームタイプの超強力な0.4%の濃度のものを使っているのでトレチノインを塗った後に美肌水をつけるとなんだかトレチノインが流れ落ちていくみたいになるし、美肌水も浸透しないような感じだしでこの順番はダメ。

トレチノインを使う時にはビタミンCローションとの併用も皮膚科や東大式でもお勧めしているので、

洗顔➜美肌水➜トレチノイン➜北原ミルク➜・・・・

というパターンも試してみたのだけど、やっぱり北原ミルクも粉の入った化粧水なわけなのでやっぱりトレチノインが流れてしまう感じだし、そもそもクリームの上に北原ミルクをつけること自体北原ミルクの性能を落としているような気がするのでこれもダメ。

そして最近は、

帰宅後すぐに洗顔➜トレチノイン➜ハイドロキノン➜寝るまで放置➜寝る前に水のみで顔をざっと洗ってトレチノインとハイドロキノンを流す➜北原美肌水・・・※以下は北原式の通りのやり方で寝化粧まで


みたいな感じになってます。

これで本当にトレチノインとハイドロキノンの効果が十分得られているのかが微妙。

北原化粧品との併用はかなり厳しい感じデス。

今新たに考案中なのは、毎日の超音波美顔器でのトリートメントの時にトレチノインとハイドロキノンを取り入れるのはどうか?というもの。

となると、ハイドロキノン入りのゲルを自分で作らなくてはならなくなるのだけど、それが北原化粧品と使いながらトレチノインとハイドロキノンを使うのにいいのではないかと思っていたりもする。

そのやり方についてはまた記事にします。






関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment