美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

培養ヒフ治療の順番

2016
27
さて。

本日も張りきって昨日のコメントへのお返事の続きです。

コメントをくれた読者様は昨夏に目の下と目尻、ホウレイ線の3部位にそれぞれ2cc(1cc×2回)の治療をご経験されているのですが、最近はゴルゴラインが気になって気になってしょうがないとのこと。

さらにこれからも下記のコメントのように培養ヒフ治療をやりたいところがあるとのことでご質問いただきました。

あと、これから移植治療したいところは、おでこのしわ、まぶたの窪み、こめかみと頬のコケです。以前、順番とか量とか書かれていましたね、いっぺんに続けて読むことが出来ずですが。
3ccで、おでことこめかみいけるでしょうか?出来ればまぶたも。(3cc×連続2回という意味です)頬を先にしたほうがいいですか?まぶたの窪みや頬の上部は、皮膚のたるみなら切ったほうがいいのか、コケなら「入れ」たほうがいいのか、とか堂々巡りです。



おでこのしわまぶたの窪みこめかみ頬のコケ、これって私の治療個所と全く同じですネ(笑)

既にホウレイ線と目の下、目尻の治療をされているとのことですし、やっぱり頬のこけとかおでこ・こめかみなど気になってきますよね。

きっと、40超えたら気になる部位ってみんな同じなんだろうな。

気になる部位の順番も大体同じ。

垂れてくる場所もシワができる場所もその順番もほぼみんな同じなのかもね。

2012年から3年間、毎年1部位づつ培養ヒフ治療を続けていてつくづく思うのだけど、どうせやるなら最初から全顔やればよかったと。

結局、最終的には全顔やってるわけですよ。

ならば最初から全顔やったほうがお値段的にお得だった。

全顔は1回4cc×2回なので初期費用以外の細胞培養料は40万円×2回で80万。

1部位づつチマチマ20万づつを何度も治療するよりもかなりお得だし、一気に顔の気になる個所が治療できたのにってつくづく思う。

とはいっても、最初に用意できるお金にも限りがありますし、チマチマと1年に1部位づつしか手をつけられない私のような方もいるはず。

一気に3部位やれるだけでもうらやましいです。

そんなわけで、私の経験と独断と偏見で、

培養ヒフ治療、1部位ずつやるならまずはココからランキング~


って言うのを作ってみたいと思います。


第1位  自分が気になる部位

ある意味当たり前。
40代になってしまって初期老化が起こり始めた時、大抵はどこかの1ヶ所が急に衰え始めたような、シワが深くなったように感じます。そうなると、もうそこにしか目がいかなくなる。
気になる個所ばかりに目が行くので、ますます気分は憂鬱に、下がる一方。
このシワ(たるみ)さえなければ・・・と恨めしく思う始末。

なのでまずはとにかく自分が気になってしまってしょうがない個所を最初に治療してしまうのが一番です。

ただ、それではランキングの意味がないので、気になる個所が全部同じだった場合、を仮定して、まず最初にやったほうがいいのはホウレイ線ですね。

だって、この絵。

illust2054_thumb.gif horeisen.png

同じ絵なのに、ほうれい線を1本かき足しただけで一気におばあちゃんになります。
ホウレイ線は顔の中心にある分、顔の印象を左右する重大な要素。

培養ヒフ治療をやろうと思い始めた方はホウレイ線が気になりだしている年齢の方が多いはずだし、まずは顔の中心のホウレイ線を無くすべき。


第2位  ホウレイ線付近の顔の中心部位。(ゴルゴライン・目の周り)


これはどうしてかといいますと、まず最初に顔の中心に近いホウレイ線を治療して、その部分の細胞を増やしてますよね?
つまり、細胞の減少によって皮膚が重力に負けて下に落ち始める(=たるみ、シワの原因)現象を培養ヒフ治療で細胞が増えたのことでコラーゲンなどの生成量が増え、ホウレイ線付近で重力に負けない弾力のある肌の土台ができている状態なわけですよ。

ここで、すぐ上のゴルゴラインや目の周り付近のお肌の細胞も増やしてあげれば上の方でも重力に負けない弾力が生まれる。

と、なると、最初に治療したホウレイ線の効果の持続力が上がるでしょ?

って言う発想です。

あくまでも私の個人の見解です。

特に、目の周りはまぶたの窪みも目尻も目の下も同時に治療するのがいいと思う。

まぶたは眼瞼下垂という病名もあるように、まぶたが弛んで視界が狭くなってしまって治療が必要になったりする部位。
皮膚が弛んで重くなったまぶたを持ち上げようとしておでこに力が入り、おでこのシワをも作ってしまう可能性も高いのです。

目の周りの細胞を増やして重力に負けない皮膚の弾力を取り戻せば、初期のおでこのシワなら改善する可能性が高い。

実際に私もおでこのしわが薄くなった。


第3位 おでこのしわ・こめかみ

と、いうわけで、ほうれい線からの地続き(?)で目に行って、お次は顔のてっぺんにあるおでこです。

この時点で、目の周りの細胞が増えているおかげでまぶたのたるみによるおでこごと持ち上げるという動作が少なくなっているはず。
なのでおでこのシワの出来る率も若干少なくなっています。(個人差あり)

ここでおでこに治療して細部を増やすことでほうれい線から始まった

「下から上へ!重力に負けるな大作戦」

がいったん完了します。

おでこの細胞が増えて、おでこから重力に負けて下に落ちる皮膚を食い止める。

これでまぶたのたるみも単独で行っていた時よりも改善され、結果まぶたのたるみの効果の持続力が上がる。


下から上へと治療を行えば、毎年毎年重力に負けない皮膚の土台作りが出来るのでは?というのが私の発想です。


よく考えたら、(よく考えなくても)逆もアリだよね。

上から下のパターン。

ただ、その場合は上、つまりおでこから始めるわけだけど、おこでだけで顔の3分の2の下の部分を支えるのは無理があるような気もする。
土台をしっかりとしてから徐々に上へと行った方が重力に逆らう力も強くなるのではないのかなぁ、なんて思ったりして。

だからそのほうが長い目で見たときに効果がより長く持続するような気がするんですけどね。


第4位 頬のこけ

私はホウレイ線の次に頬のこけの治療を行いましたが、順番でいくと頬のこけは最後かなぁと思ったりもする。

なんせ、頬のこけって面積が広い。

下から上をまずやって、顔の中心部分の細胞を増やしてしっかりとコラーゲンを生成してもらって土台を固める。
この時点で、今度は中心から外側へ、とすると、中心で重力に負けずに保っていられる分、外側へ流れて落ちる、みたいなたるみが少しは改善されているはず。

ここで頬のこけに細胞を注入すれば、外側でもハリが出来るのでますます中心部分もパーンとしてくる、という考えです。


以上でごわす。


でも、この順番にこだわらなくてもその部位その部位でそれぞれ効果はちゃんとでますけどね。

いかに長く効果を持続させ、相乗効果を出したいと考えたらこの順番なのかな、と。

で、ご質問のおでことこめかみ、まぶたのくぼみで3ccでいけるか、ということですが、イケルと思います!

だってそれぞれ1部位と考えてもちょうど3部位だから1cc×2回ずつで3cc×2回で十分では??

”まぶたの窪みや頬の上部は、皮膚のたるみなら切ったほうがいいのか、コケなら「入れ」たほうがいいのか、”と悩まれているようですが、例えば、ブルドックばりに皮膚がダルダルに頬が弛んでしまっているならば、それはもう培養ヒフ治療の力では元のようなパーンとしたお肌に戻すことはなかなか厳しいでしょうね。

ある程度は改善されるにしても、あんなに下に余って弛んだ皮膚をどうやって細胞のみの力で持ち上げるんだよ・・・ってなりますし。

それならば切ってしまってすっきりしたほうが精神的にも楽になるし、見た目も見違えるはず。

ただ、まだ40代前半、培養ヒフ治療で十分なのでは?

培養ヒフ治療の他のアンチエイジング美容整形と違う良いところは、たるみを改善しようと思ったらその部分のシワも毛穴の開きも肌のキメも改善されてしまうこと。

べつに望んでいたわけではないけど、そもそもお肌を作る細胞を増やしているのだからお肌に関すること全般が細胞が減る前の段階まで戻るのです。

例えば、40で治療して細胞の数が35歳くらいの時と同じくらいに増えた場合、35歳くらいの時のお肌のハリや質感、毛穴の開き具合にまでもどります。
私はむしろこのその他の効果が気に入って培養ヒフ治療一筋になっているってのもあります。

ヒアルロン酸を頬の窪みに注入したら、見た目はパーンと張りのあるお肌になるかもしれないけど、触ってみたら本来の頬のような弾力ではないし、開いていた毛穴を閉じてくれませんよね?

自分の細胞の力によるナチュラルなシワや弛みの改善なので、見た目で劇的にすぐには変化は現れない事が多いかしれないけど、最終的にはトータルで最もアンチエイジングできるのが培養ヒフ治療なのではと思います。

気になる個所を今すぐ何とかしたい気持ちすんごいわかります。

でも、私なら他の美容整形をやるなら培養ヒフ治療を何度でも繰り返します。




関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

にのぴょん  

こんにちは

以前コメントしたにのぴょんです。
「その気持ち分かるわかる・・」と言ってくださるだけでも嬉しいのに、詳しい方法やアドバイスををありがとうございます!!
私も、「うんうん、そうなんです!」とうなずきながらお返事を読みました。
実は、先日コメントした時は、ホントに仕事が一息ついたエアポケットみたいな時で、もう一年分ぐらい溜めてたものを書き込んでしまった感じで・・・あとから見て、「げー、長っ!人様のブログに何しとんじゃい!しまった・・」と思ってました。
美女道子さまのアドバイス、もう本当に本当に参考にいたします。
またお邪魔させてくださいね。

2016/02/05 (Fri) 23:18 | EDIT | REPLY |   

Add your comment