美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

【培養ヒフ治療】こめかみの変化 6ヶ月後

2016
02
おでこのシワにばかり気が取られていたけど、2015年の培養ヒフ治療のメインはおでここめかみ

こめかみの老化ってなんだよって思うかもしれませんが、こめかみもホウレイ線やおでこのシワなどと共に着実に老化してます。

ただ、こめかみの場合は元々脂肪が付きにくい場所なので、シワになるとかたるむとかの老化現象が起こるわけではなく、くぼむんです

こめかみ付近の細胞の数が減って、コラーゲンの生成量が減ると皮膚が薄くなり、頭蓋骨の形がもろに外見にでてしまいます。

こめかみはちょうど頭蓋骨でも凹んでいる部分になるので、皮膚が痩せてくると頭蓋骨の凹みに沿って見た目も凹んでしまいます。

私もおでこの治療を行う時に先生にこめかみも痩せてきていると指摘されるまで、こめかみに関してはノーマーク。

興味もなければ気に留めたことも無かった。

でも気にしてみると、血管が浮き出ているし、丸みが無く平らで骨ばっていて、顔全体が骨ばった印象に。

そこで2015年はおでことこめかみをメインとして培養ヒフ治療をやったわけですが、こめかみの変化をあまり記録していなかったので半年経過してしまいましたが比較してみました。

こめかみ半年後-1

ちょっとわかりずらいんだけど、眉毛の外側のおでこから耳にかけてのラインがBeforeでは光が当たっています。

つまり、その部分が水平に近い感じになっているから光の当たる面も広いのではないかと。

一方、半年後の現在のほうは、こめかみ部分が光で反射していないので、おそらく平らな感じが改善されて丸みを帯びてきたからなのではないかと・・・・思いたい。

こめかみ横半年後-1

真横から見てみても、Beforeでは血管が浮き出ているのに対して、1ヶ月後と半年後は血管が浮き出ていない。

1ヶ月後と半年後の変化があまりわからないけど、透けて見える血管の色がちょっと薄くなったか?って言う感じかな。

全然関係ないけど、半年後の現在のほうがシミだか肝班だかが目尻に増えてますね・・・

正面からはこんな感じ。
こめかみ正面半年後-1
ちょっと現在の写真が大きいかもだけど、頬骨とこめかみとの繋がり部分のカーブがなだらかになったような気もします。

なんせ、目だなない部分なんで日頃から気にしているわけでもなく、変化が感じにくいんだけど、だからといって放っておくと確実に老化によって皮膚が痩せて”なんだかわからないけど老けて見える”の要因になることは間違いないのです。

輪郭部分の皮膚がしっかりとしてふっくらとしてくると、顔の形が整います。

するとツルンとした若い子の輪郭に近づくことができる。

地味だけど、こめかみの治療もお勧めです。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment