美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

おでこのデコボコは改善するのか?

2016
16
2015年の培養ヒフ治療は水光注射モニターとして全顔1回3cc+おでここめかみに1ccの計4ccの細胞を注入しました。

注入というか、正確に言うと移植ですね。

移植をしたのは7月と8月。

なので、半年が経過しました。

全顔に関しては新たな部位としてはゴルゴライン・おでこ・こめかみくらいで、その他の保冷線・頬・まぶたのたるみなどの部位に関しては過去に治療済みなのでアフターケア的な感じで、効果を持続させるためのもの。

おでこ・こめかみに関しては初トライなわけで、特におでこのシワは気になっていたので効果の程に注目しています。

そんでもっておでこのシワに関しては今まで経過を写真で比較していている通り、着実に薄くはなっているのだけれど、まだまだ

おこでがツルっと丸くなった~♪

みたいになるには程遠い。。。

おでこのシワに関しては、たとえアンチエイジングでは最強の培養ヒフ治療でも深く刻み込まれたしわが完璧に気にならなくなるようにするのは難しいらしい。

私のおでこのしわはそんなに深くは無いとしても浅くもないような。

ま、徐々に効果がでているのでまだまだ経過観察ですね。

そして、おでこのシワが気にならなく張り始めた途端新たに気になりだしたのが、おでこのデコボコ。

これってつまり、皮膚が薄くなって頭蓋骨の形がもろに出てしまっているのだと思うの。

それがなんだか最近すごい気になるんだよ。

正面から見たらわからないんだけど、横とか斜めからだとおでこが丸くきれいではない。

この、おでこのデコボコも培養ヒフ治療で改善されるのだろうか。

深いシワは厳しくても額全体の皮膚の弾力感は再生されるとRDクリニックのHPにも書いてあるし。

そもそも、私のおでこは最初からこんなにでこぼこしてたっけ??

他に気になるシワやたるみが無くなりつつあるので、今まで気にもしていなかったおでこのデコボコにまで目が行くようになってしまった・・・

いいのか悪いのか。。。

治療後半年経った今の時点で気になるということは、治療前はどうだったんだろう?

というわけで、治療前のおでこのデコボコ感と現在とを比較してみました。

真横はこんな感じ。
おでこのデコボコ半年後-1

ちょっと色が違うのでアレだけど、Beforeと比べるとなんだかおでこに丸みがでているような気がする。。。

違う角度でもう一度。
おでこのデコボコその② 半年後-1

ん。

まぶたの血管の浮き出方とか、若干だけど改善されてるし、やっぱりおでこの皮膚が薄っぺらそうだったものに若干の厚みというか弾力が戻ったような感じにはなっている。。

ということは、未だデコボコが気になるとは言っても、半年前と比べたら丸みがついてきているということになりますね、

ならいいや。

まだ半年だし、これからもうちょっと培養ヒフ治療の効果がでてくるはずだから。


なんだか気持ちがちょっと楽になった。

これからはおでこのデコボコも改善されるか見守っていきます。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment