美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

これで完璧 北原練白粉の塗り方

2016
22
スキンケアを全部北原化粧品に変えたのが2015年11月。

あっという間の4ヶ月でした。

今まで”ツヤ”だと思っていたのは顔が火照っていたことによる”テカリ”だと気付かされ、本当の美肌は子供のような手触りサラサラで透明感のある肌。

本当はまだツヤツヤ肌にも未練あるけど、まずは透明感のある肌になって、そのあと内側から輝くようなツヤがでるようになるはず。

だからそれまではとにかく肌を磨くことに専念。

そのためには毎日の北原化粧品でのスキンケアとアイスバックでのお冷やし。

これに尽きる。

実際にこの4ヶ月で顔の火照りは収まり、手触りが”ベタベタ”から”スルスル”へと変化。

洗顔は当然お水です。そして顔を濡らしからすすぎ終わるまでは1分が目安で、洗いすぎず擦りすぎ防止。

洗顔後30分くらい何もつけずに放っておいても今までのように脂が浮いてくることもなく、スルスルな手触りのままで特に乾燥して顔が突っ張ることもありません。

最初の2ヶ月は美顔術にも2週間に1度のペースで通ってたので、肌質が改善されるのも早かったと思う。

最近は練白粉の塗り方も失敗することなく、毎朝の出来栄えに一喜一憂しなくても済むようになりした。

そんなわけで、本日のお題。

北原練白粉の塗り方

です。

練白粉を塗るまでの基本のスキンケアは以前の記事「北原化粧品の使い方夜編」を参考に、北原クリームを塗るところまでは同じです。

朝は練白粉を美肌水水クリームでのばします。

そして、自分の肌の色に合わせて練白粉をブレンドします。

私はこの色の調合にもはや迷うことが無くなったのでストレスフリーに。

今は鉄板のピンクオークル5番とピンク2番の2色使いです。

手前から5番のピンクオークル、右奥が2番のピンク、左奥が1番のホワイトオークル。
IMG_3295.jpg

この2色の分量を今までいろいろと試してきたけど、やっとこれで失敗なしというところまで落ち着きました。

こればかりはオーダーメイド方式で自分で日々のその日の顔色とか肌の調子、天気とか予定とかに合わせてオリジナルで色を合わせていくしかなく、経験です。

私は薄付きで自然な仕上がりで透明感のあるお肌になりたいので、練白粉はやや少なめ。

まず、北原クリームまでしっかりとお肌に塗り込み、土台をつくったら、

2番のピンクを少量スパチュラの先端に取り、美肌水もしくは水クリームを10プッシュ程出して、
IMG_3297.jpg
水刷毛で軽く溶き、刷毛に練白粉を含ませます。
IMG_3304.jpg

この分量が案外難しいのです。
2番のピンクが多すぎると白くなるし、少なすぎると後から塗る5番のピンクオークルが強く出過ぎて透明感と華やかさに欠ける。

そしてまずは2番のピンクだけを顔の中心にのみ伸ばします。

そしてお次に5番のピンクオークル。
同じ様にスパチュラに少量取り出すのだけど、私は思考錯誤の末、1:1の割合が今の私の肌に合う色だと思っています。

もっと白くなって、2番のピンクの分量を多くできるようにするのが最近の目標。

これは5番のピンクオークル。
IMG_3296-001.jpg
水刷毛にしっかりと含ませます。
IMG_3303_201602221756006f6.jpg

今度は顔の外側を中心に5番を含ませた水刷毛を塗り、2番との境界線がないように顔全体に馴染ませます。

塗り終わると、顔はこんな風に刷毛の跡がくっきりと残って水分と練白粉が浮いた状態。
IMG_3306.jpg

とてもこのままでは外出なんてできません。

でも大丈夫。

ガーゼを顔の上にかぶせて、上から両手の平で顔を覆うように押さえます。
IMG_3308.jpg

つまりは顔に残っている水分を吸い取るんだけど、ここでガーゼでこすったり、手を動かしたりすると練白粉が綺麗に均等に付かない可能性が高いので、上から軽く押さえるだけ。

しっかりと顔全体をガーゼの上から手のひらで包むように押さえ、余分な水分をガーゼに吸い取ってもらったら・・・
IMG_3310.jpg

さっきのムラがウソのように無くなって、均一に綺麗に練白粉が付いた透明感のあるお肌に仕上がります。

アップでみても、ムラはない。
IMG_3311-001.jpg

ここまで仕上げるのにすごい訓練が必要とか、何度も何度も練習を重ねないと・・・とかそんなことはありません。

ちゃんと北原クリームをしっかりとお肌に塗り込むことができれば誰でもこの程度の仕上がりになります。

私が思考錯誤したのは色ですね。

自分にぴったりの、どんなシーンでも自信が持てるような肌色と透明感が出せるような色の組み合わせを見つけるのに色々と実験を繰り返しました、

まだまだ完成系ではなく、今後も進化するだろうけど、とりあえず今はこの分量と塗り方で落ち着いてます。

この後は、その日の気分で粉白粉を付けます。

その日の気分というのは、例えば、ちょっと練白粉の量が少なくて薄付き過ぎた・・・という場合には粉白粉を顔全体に付けると程良い感じに仕上がります。

もしくは、ちょっと日差しが強い・・・なんて日も北原の粉白粉はUVカット効果もあるので積極的に使いたいアイテム。

粉白粉は付けても小じわに粉がたまることもなく、マット過ぎる仕上がりにもならずかなりナチュラルで以前の粉嫌いの私でも必須アイテムでした。

今はこんな感じで毎日安定した練白粉ライフです。

ホットヨガをやった後もほぼこの状態を保っているのでまさに化粧崩れ知らずです。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment