美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ルイボスティー飲むなら15分以上煮出さないと意味が無い

2016
24
アンチエイジングのために飲み始めtたルイボスティー

1箱に40包入りのものを4箱セットでコストコで購入。

1箱飲み終わって、現在2箱目に突入しています。

個人的な感想ですが暖かいものよりも冷たい方が美味しいので毎日冷蔵庫に入れて冷やして飲んでいます。

ルイボスティーにはSOD(スーパーオキシド ディスムターゼ)という酵素が含まれていて、必要以上に体内に増えてしまった活性酸素を除去してくれる効果が期待できるのでアンチエイジング対策としてはお茶で手っ取り早く摂取できるのも魅力の一つ。

そしてさらに、ルイボスティーにはアンチエイジングに役に立つ成分が入っています。

その名も「フラボノイド


フラボノイドは植物に含まれている色素、苦味、辛味成分で、ポリフェノールの一種。

種類は多々あるものの、ほとんどが強力な抗酸化作用を持っているらしい。

緑茶のカテキンもフラボノイドの1種。

ルイボスティーに含まれるフラボノイドは15分以上煮立たせることで煮立たせずに飲んだ時と比べてその効果は倍になるとか3倍になるとか。

さらに煮出せば煮出す程よいらしく、煮出した後にティーバックも入れたままにしておいた方がフラボノイドが染み出ていくのでなおよいらしい。

私は毎日10分煮立たせて飲んでたけど、今度から17分にしました。

でもやっぱり30分くらい煮出してみようかなって思ってます。

30分ってかなり長いし、今までそんなに長くお茶を煮出したことないのでちょっと抵抗あるけど、ルイボスティーを販売しているメーカーによっては30分煮出してと書いてあるところもあるみたいだし。

煮出す時間を長くすればいいだけなのでめんどくさいこともないし、どうせ飲むなら最大限アンチエイジング効果を引き出したいのでさらに15分に出す時間を増やすくらいなんでもないさっ。


そういえば、冷たく冷やして飲んだ時のあのスーっとしたミントのようなスッキリ感はフラボノイドによるものなのかな?とか思う。

暖かい時はあまりかんじないんだけど、冷たくするとスッキリ爽快感がある。

とにかく、今までティーバックのように、ただお湯に浸して飲んでいた方は今すぐ最低でも15分は煮出してから飲まないともったいないよー。





関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment