美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

RDクリニック新宿院での検診

2016
26
2015年の7月にRDクリニックにて水光注射モニターとして4ccの培養ヒフ治療をしてから半年以上経過したので、検診に行ってきました。

昨年度の治療の4ccの内訳は、3ccでまず全顔、残り1ccをおでことこめかみです。

なので2015年度の治療はおでこ周辺がメイン。

過去の治療歴は、

2012年はホウレイ線
2013年は頬のこけとフェイスライン
2014年は瞼の窪みとたるみ

そして

2015年は全顔(3cc)とおでことこめかみ(+1cc)

ということになります。

まだまだ2012年に治療したホウレイ線も治療の効果は継続していたけど、2015年は全顔治療の水光注射のモニターになれたということもあって、過去の治療の効果をさらにアップさせるという目的でした。

なので実質的な変化を感じるのは今回初のおでこ周辺です。

今回は3月2日にオープンした新宿院での検診でした。

私はいつもは東京銀座院です。

最初は三田院だったんだけど、三田院でいつも治療してもらっていた濱元先生が銀座院へと移られたので、先生に一緒にくっついて銀座院へ行くようになりました。

今回オープンした新宿院は濱元先生が担当されるわけではないのだけど、私が新宿院に興味深々だったので特別に検診を受けさせてもらえるました。
本当は検診は治療したクリニックで行うのが基本です。

そんなわけで新宿院。

RDクリニックのHPのグーグル様の地図で見ると新宿駅からすぐ近く、甲州街道という大通り沿いでかなりわかりやすい位置にある。ようにみえる。

だがしかし。

私は迷ったのです。

そしてクリニックに電話して道案内をしてもらいました。

地下鉄の都営大江戸線の新宿駅の4番出口から徒歩2分。

なのに迷った。

聞いてみれば、皆さん同じように迷われて電話がかかってくるらしいのです。

そして実際に新宿院に到着してみてわかるけど、道が一本奥なんだよね。甲州街道に面している道の1本後ろ。

でも地図で見ると甲州街道沿いに見えるので、「あれ?」となるのです。

1本奥の道は表通り(甲州街道沿い)とは違って静かで人通りもそんなに多くない。
そしてまだRDクリニックの看板がビルに出ていないので、この辺のはず・・・と思っても見つけられずにちょっと不安になるかも。

そんなわけで、新宿院の外観までの道のりの写真を撮ってみました。

一度場所がわかってしまえばとっても簡単だし、しかも駅から近い。

JRの新宿駅の東口西口は本当にわかりずらいけど、南口なので駅前もすっきりだし、一度到達してしまえば新宿の割にはとてもわかりやすい場所です。

まずはJR新宿駅の南口からの道順を。
IMG_3756.jpg

改札を出たら右に進んでルミネのほうに向かいます。
奥の方に新宿駅の南口。
写真左の切れてるビルがルミネ。
IMG_3754-001.jpg


私はルミネの斜め前の横断歩道を渡り終わったところで写真を撮っています。

ルミネを背にして斜めに横断歩道を渡ります。

渡りきったら甲州街道という車がたくさん走っている大通り沿いではなく、すぐ横の細い道の方にルミネを背にして斜め方向?に直進。

するとすぐにマクドナルドが見えます。
IMG_3753.jpg

マクドナルドが見えたら右折。マクドナルドを左手にして直進。

今はこの一本奥の通り沿いのビルはほとんどが工事中でした。ビルが出来るとまた景色が変わるかもshれない。

工事中の中にもポツンとドトールが営業していたりしました。

そのまま直進し、50メートルくらいかな?歩くと右手にビルのエントランスの上に丸い装飾がされたビルがあります。
IMG_3752.jpg

このビルに入っていくとRDクリニックの新宿院が7回にあります。

このビルがマンションみたいで入っていいのかどうかがまた微妙に迷う。

通りに面した1階はPOLAのエステサロンがありました。

本当に入っていいのかどうか迷いながら思い切ってエントランスのドアを開けて中に入るとすぐ左手にビルの案内版があります。
IMG_3749.jpg

これで一安心。

本当にマンションみたいなので初めて行く時は扉を開けるのに勇気がいるかも。

入口の奥に進んでいくとエレベーターがあり、7階に上がると・・・・
IMG_3744.jpg

馴染みのあるRDクリニックの受付が現れます。

都営大江戸線・新宿線の4番出口から行く場合、地上に出たら右に進みます。つまり、JR新宿駅方面、ルミネ方面に進むのです。

そしてる美祢が見えて最初の曲がり角を道なりに右へ右折するとマクドナルドが現れます。

都営線からだと、新宿の雑踏にさらされることもなく、すいすいと目的地まで到着できます。

新宿院はこじんまりとした落ち着いて静かな感じでした。

銀座院が大きいのでこじんまりしているように感じるのかもしれないけど、調度品などは銀座院や三田院と同じ色調で揃えてありいつもの雰囲気でいつもの感じです。

新宿院での検診はまさかの北條院長先生にやってもらいました。

既に半年経過の写真をブログにアップしているので、変化としてはそんな感じ。➜「おでこのシワの半年後

もっと他の部位の比較写真も今度アップしますので少々お待ちを・・・

今後、細胞を培養する時の血液の量が今までよりも少なくて済むようになるんだそうです。

例えば・・・

今までは2cccの細胞を培養するために必要な血液が100ccだったとすると(正確な数字ではありませんので悪しからず)、これからは50ccでよくなる、みたいな。

細胞の培養方法が変わって、最先端になってる模様です。

ぶっちゃけ、どっちでもいいんだけどね。

細胞の培養に血液がたくさん必要ならどんどんもってって~って感じです、私は。

でも、中には採血で貧血になっちゃったりする方とか、注射を長いこと腕にさしっぱなしで気分悪くなる方とかもいるみたいなので、そうゆう方には朗報ですネ♪


そんなわけで、RDクリニッククリニックの新宿院へ検診に行ってきたご報告でした。







関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment