美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

肌に透明感

2016
29
ブログのデザインを変更してみました。

急に思いついてテンプレートを変更したのでまだまだ手直し中。

トップに直近5記事でアップした写真がどどーんとスライダーになって現れるテンプレート選んでみたけど、よく考えたら培養ヒフ治療などのBefore After写真として自分の顔をアップで写した写真を使用することが多いので、びっくりするくらいドアップな自分の顔(の一部)がブログのトップを占領するって言うのも趣味が悪い。

なのでもしかしたらまた変更するかもしれません。

しばらくは流動的な感じで様々なテンプレートに変化する可能性があり、読みにくいかもしれませんがご了承くださいませ。

そんなわけで、本題。

最近すっごく感じていることがあります。

それは。

肌に透明感が!

ということ。

今まで、私のお肌の状態を表す言葉に透明感というキーワードは出てきたことがあったでしょうか。

無いんです。

多分。←覚えてない。

”ツヤ肌”というのは永遠のテーマですし、濡れたようなみずみずしいお肌は憧れです。

そのために粉を一切使わずにお化粧直しも一切せず、ほんの数か月前までは顔が火照ったテカテカ肌だったわけで、顔に透明感がある~!!って思ったことはほとんどないのです。

だけどもだけど。

最近すごく肌に透明感がでたと感じるのです。

なぜならば、毎朝の北原の練白粉でのお化粧が終わった後のお肌が今までになく透明感にあふれているから。

正直に言って、お化粧では粉物類はシワに入り込んでシワを目立だせるし、ファンデーションを塗ると夜に顔がくすむからという理由で日焼け止めだけのノーファンデだったのに、それで満足してたのに、夜も寝化粧をするという北原化粧品に変えたばかりの時は、見た目的にも物すごい違和感があった。

北原化粧品に変えたのは美顔術受けてお化粧してもらった時のさらさらな手触りと顔の白さと続けていけば必ずケアナレスで子供のようなサラサラな透明感ある美肌になれるという信念みたいなものからなんだけど、それでも最初の1ヶ月はお化粧するたびに見慣れないマットな質感と塗ってます感に馴染めなかった。

なので、自分なりに工夫をしてできるだけナチュラルに見えるように練白粉を溶く時は水クリームにして油分を多めにとってみたり、練白粉の量を極小量にしてみたり。

もちろん、これ以上顔に粉を使いたくないという気持ちもあり、仕上げの粉白粉は最初の1ヶ月はほとんど使ってません。

そんなかんじでも美顔術にマメに通ったこともよかったのか顔の火照りは治まってきて肌の調子も良く、練白粉でのお化粧にも慣れて最初の頃のように「やっぱり今までのお化粧方法に戻そうかな・・・」とは思わなくなりました。

そんな感じでまた1ヶ月が過ぎ、北原化粧品に変えて2ヶ月が経過。

最初はとにかく練白粉は薄く、それがナチュラルな仕上がりになるから、が基本。

本当はこれではダメなんです。

練白粉は日焼け止めの役割も果たしているので、練白粉の量が少ない=日焼け止めの量が少ない、と同じこと。

つまり練白粉が少ないと紫外線を十分にブロックできていない可能性が高くなるので、毎朝のお化粧は練白粉を少なすぎず適量に付け、さらに仕上げに粉白粉が基本。

でもそうすると何だか付けてマス感があって違和感を感じる。

特に朝のお化粧したての時が一番「やっぱり北原化粧品使うのやめようかな・・・」と思う時だった。

それを乗り越えて、お昼くらいになってくると自分の皮脂と練白粉が馴染んできて私の求めるナチュラルさがでてくるので、朝の「もうやめようかな。。。」という気持ちはどこかに行ってしまいます。

そして夜になっても、くすまないし、ホットヨガに行っても崩れないしどんどん肌に馴染んで素肌っぽくきれいになっていくのでやっぱり北原化粧品使おう!と思う。

だけど朝になってお化粧したらやっぱり粉っぽいような気がして気分が下がる。

そして夕方になるとやっぱり北原化粧品がいいわ。

とか思う。

みたいなことをこの数ヶ月間延々と繰り返してきたわけです。

なんだけど、前回美顔術に行ってからお肌の調子がなんとも言えずによいのです。

特に朝のお化粧したての顔の透明感が半端ない。

最初にも書いたけど、今までこんなに自分の顔で透明感を感じたことは無かったわ。

ほんとかな~と、なんどもなんども角度を変えてみたり、蛍光灯の下で見たり、日光の下で見たりしてるんだけど、練白粉を塗りたての顔に透明感があって粉っぽさなんて全くないのです。

さらさらなお肌はムラの無いきれいな乳白色で本当にカルピスのようなお肌に仕上がる。

すると不思議といままでのちょっと少なめの練白粉をの量ではしっくりこないというか、素肌が透けて見えてナチュラルなのが返って違和感を感じると言うか、物足りなさを感じるようになったのです。

そこで、仕上げに粉白粉を使うようになりました。

これで完璧。

まるでカルピスのような白くて透明感のあるお肌になった♪。

なんだけど、数日前よりまた違和感を感じます。

朝はそれでもいいんだけど時間が経って皮脂がで始めたりするとそもそもの練白粉の量が少ないのでやっぱりスッピンぽく見えがちに。

いままでならそれで満足なんだけど、朝の透き通ったカルピス肌を見ているのであのままの状態で夜まで過ごしたい。

そう思うようになって、数日前から練白粉の量を増やしてみたんです。

それでまた以前のように「しまったつけすぎた・・・」的な粉っぽい仕上がりになったら元のちょっと少なめな量に戻せばいいわけだし。

だがしかし。

量を増やした仕上がりにまた驚く。

これまた全然粉っぽくないんだよ。

むしろいままでよりもきれいなんだよ。

透明感があるんだよ。

そんなわけで最近は練白粉の量を増やし、さらに仕上げに粉白粉もつけて朝から透き通るようなお肌を実現。
IMG_3796-003.jpg

いままでの練白粉少なめで粉白粉無しの時はこれ。
IMG_3217.jpg
これはこれで気に入ってたんだけど、比べてみると上のお肌の方がキレイだし、なんか内側から透明感を感じる。

とにかく、最近では毎朝上の写真のような仕上がりになります。

これってつまり、土台がしっかりとしてきたってことかな?

北原化粧品を使い始めてもうすぐ5ヶ月になるんだけど、練白粉を塗ってもマットにならず、厚塗りにもならず、自然なさらさらとした透明感のあるお肌でいられるということは、お肌の土台が安定してきたというかできあがってきたというか、そうゆうことなのかな?

これでこのまま2年とか3年とか経ったときにはもっと輝くような子供のようなお肌に近づいていくのだろうか。

とにかく、自分でもなんで最近急にお肌に透明感がでてきたのかがわからないけど、考えられることは北原化粧品と美顔術でお肌の何かが変わり始めてると言うことなのではないかということ。

特に夜なんてクールバックでのお冷やしをした後のお肌はまるで人形の肌のようにケアナレスでツルンとして均一です。

ここまでくると、お冷やしが楽しくてしょうがない。

まだ5ヶ月だけど、これからも北原化粧品使い続けて美顔術受け続けてお肌にどのような変化がでてくるのか楽しみになってきた
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment