美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

まだ頬のこけに変化

2016
24
なんだか最近バタバタと忙しくってブログを更新する時間もネタも乏しい・・・

ゴールデンウィークに向けてますますバタバタしそうなので、ブログの更新も毎日はちょっと無理になるので1日置きとかになります。

そんなわけで、本題に。

なんだか最近また顔に変化を感じることがあります。

頬に一段とハリを感じる。

体重が今までで最も痩せているのに頬がこけてないんだよ。

2013年に頬のこけに培養ヒフ治療を行って、既に頬のこけは解消されているのだけど、2015年の全顔治療でアフター的に頬にも細胞を注入したけど、全顔で3ccだから、頬根の細胞の数は2013年の時に比べたら半量以下だと思うんだよね。

先月も頬が丸くなったと比較写真撮ったけど、さらになんだか頬に張りを感じると言うか、頬が丸くなったような気がしてしょうがないんだよね。

なので今更だけど、先月と比較。

頬のこけ2016年3月4月比較

ほら。

なんとなく、顎から耳にかけての輪郭がまっ直ぐというか、滑らかというか。

光の当たり方かもしれない角度が若干違うと言われればそうなんだけど、でも実感として、毎日見ててなんだか違うと感じるのですよ。

昨日は電車に映った自分の顔を遠目で見て、ずいぶん若くなったなぁと思ったわ。

そもそも、培養ヒフ治療を始めたきっかけが電車に映った自分の顔が老けてたからなんだけど、あれから4年経ってずいぶん若くなったと思える自分がすごいと思った。

培養ヒフ治療はやればやるほど効果はウナギ登り。

これ以上は細胞を注入しても無理です・・・みたいなのは1年間でどのくらいの量の細胞移植するとなるんだろうね?

以前に聞いた話では、毎月全顔に4ccの細胞を移植しても効果はどんどんでるらしいですよ。

私も宝くじにでも当たれば毎月全顔治療するんだけど、今は1年に1度が限界です。

それでも今になって忘れていた部位がむくりと効果を表し始めて再び若返りつつあるっていうのはなんだか得した気分。

まだ全顔治療から1年経ってないので、7月までは何かしらの効果が出続けるんだろうね。

まだまだ楽しみが増えました。



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment