美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

初夏のホワイトジュエルネイル

2016
20
今月のネイルです。
IMG_3940-001.jpg

ホワイトを全体に塗って真ん中だけホワイトジェルを拭き取って、クラッシュシェルをのせてるんだけど、見てわかるようにホワイト全体塗りがへたくそです。

特に爪の生え際のところにホワイトジェルが溜っちゃってるし。

本当はジェルを硬化する前に拭き取らないといけなかったんだけど、めんどくさかったのでやらなかったらこの有様・・・

やっぱりなんでも手間を惜しんだらダメだネ。

苦労してネイルをやってもちょっとの手間を惜しんで全体の出来上がりに満足できないとどうも手元が気にくわないし、早々に新たなデザインに変えたくなって、結局2度手間。

そんなわけで、今週末にまた別のデザインに変えるかも。



使用アイテム

クラッシュシェルパウダー
ネイルラインテープ
カルジェル(Calgel) CWコンペティションホワイト
クリストリオ ジェラッカー ビルダークリア


やり方は簡単。

ホワイトジェルを爪全体に塗る。

真ん中を綺麗な筆で拭き取ってから硬化。この繰り返しを3回。

真ん中にクリアジェルを塗り、好きなカラーのクラッシュシェルを載せて硬化。

全体にクリアジェルを塗って硬化。

シェルが表面から飛び出たりしているので表面が平らになるようにヤスリで削る。

一度未硬化ジェルを拭き取る。

シェル部分を挟むようにラインテープを張る。

クリアジェルを全体に塗って硬化。

トップコートを塗る。

未硬化ジェルを拭き取って、爪からはみ出たラインテープを切り落とし終了。
IMG_3946-001.jpg

ラインテープは未硬化ジェルを拭き取ってからじゃないと爪にぴったり張りつかないので、必ず未硬化ジェルを拭き取ってから使います。

そして、爪幅よりもちょっと短めにしておかないと両サイドから飛び出たラインテープがペラペラとめくれてくるので見た目も悪いしテープが剥がれてしまう一因にもなる。

それにしても、ラインテープがイマイチ上手く使いこなせない。

最大の要因はテープがうまく爪に付かないこと。

つまり、未硬化ジェルを拭き取った後でもテープの粘着力がイマイチと言うか、テープを張っても端の方からめくれてきちゃうんだよね。

だからめくれてきたテープをピンセットで押さえながらクリアジェルを上から重ね、素早くジェルを硬化させることで無理やり留めてる感じになるんだけど、それだとテープが曲がったりしてきれいじゃないし、やっぱりすぐに端からめくれあがってきてテープが取れてしまう事が多い。

もしかしたら一度未硬化ジェルを拭き取った後に手を洗って、さらに数時間置いてジェルが爪に馴染んでからラインテープのせたほうがラインテープの粘着力が活きてくるんじゃないかと思う。

ジェルつけた後っていくら未硬化ジェルを拭き取ってもなんとなくベタベタするし。

どうやったら綺麗にラインテープを使えるようになるのか、今後の課題です。





関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment