美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

頬のふっくら感が止まらない

2016
09
最近鏡を見るたびに思うこと二つ。

その① おでこのシワが目立たなくなったなぁぁぁぁ

その② 頬のこけが完全に消滅しとる

と、いうこと。

おでこのシワに関しては、肌再生医療での治療の8ヶ月後の変化で既に興味を失いつつあるくらいおでこのシワが目立たなくなっている事をブログで書きました。

で、最近また特に実感しているのが頬のこけがほぼ無くなったこと。

これは、完治(という言葉が適切かどうかわからないけど)したと言ってもいいのではないの?くらいのレベル。

おそらく、今年の全顔治療が効いているのではないかと思われるのだけど、それにしてもこれほどまでに頬のこけが改善されるとはちょっとびっくり。

ホウレイ線もかなり改善されているけど、なくなったわけではないし、おでこのシワもまだうっすらとは残っているし、まぶたのたるみ・・・まぶたのたるみもほぼ改善されているけど、それでも今まで治療を受けた個別部位の中では頬のこけの改善具合がピカイチです。

ちょうど、今年の3月に3年後の比較をしたばかりだけど、この数カ月でさらなる躍進をしているので、写真撮ってみました。
フェイスライン3年3ヶ月後後

何がそんなに改善されたと実感しているかというと、ほど良い丸みです。

体重は今の方が2013年のBefore時よりも2キロほど痩せているのですよ。

にもかかわらず、横から見てもこけてない。

頬骨の形もわからないほど、頬がふっくらと張り感アップ。

これを太って見えるとかいう人がいるけど、私も最初はそう思っていたけど、頬がこけていると痩せて見えるんではなくて老けて見えるんです。

逆に、太っていて頬がパーンとしていれば、若く見えると言うこと。

だけど、顔だけ都合よく太れない。

しかも、頬だけとか無理無理。

顔が太ればアゴのラインにも肉がつくし、目も腫れぼったくなったりするし。

現状維持で部分的に張りを出したかったら肌再生医療がベストだね、やっぱり。

最近、ネットで話題のアラフォーの女優さん達も、顔が変わってきてる人多いしね。

顔を変えないで、自分の過去と同じような若々しさを保つのはコレしかないと思う。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment