美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ハイライトクリームを付ける場所

2016
20
やっぱりマットなお肌よりもナチュラルなツヤ感のあるお肌が好き。

こればっかりは好みなのでどうしようもない。

とはいえ、以前のようなテカリ肌ではなく、触ってもべとつかなさそうなサラッとした触感のツヤが欲しい。

そんなわけで、メイクでサラッとした触感のままでツヤを演出しようとエトヴォスのミネラルハイライトクリームを買ったのだけど、

「うん、これ絶対いい!」

みたいにはならず。

この週末に色々と試してみたところ、やっぱり手で付けるよりもパフでつけた方が自然でムラなく付きます。

ツヤ肌メイクの方法をネットで検索しまくり、試してみたところ、ツヤ肌になるためにハイライトクリームをつけるポイントがあった。

ツヤで自然な立体感がでるようなハイライトクリームをつける個所は、この6点。

hilight.jpg

①こめかみ~目の下のライン
②鼻筋(全部ではなく、眉間に近い場所のみ)
③目がしらと鼻の間の窪み
④小鼻の脇
⑤上唇の中心部分のハートマークになっている所
⑥アゴの先端

ハイライトをつける時にはパフの先端など、小範囲にも対応できるような形のパフがいいです。

①のこめかみや②の鼻筋、⑥のアゴの先端などは立体的な顔を作る時にハイライトを入れる個所としては一般的だと思うんだけど、今回実際にハイライトをつけてみてその効果にびっくりしたのが、小鼻の横と上唇の部分。

ここにハイライトを入れると横顔がツヤ肌になって、自然な立体感がでました。

ただ、先週の土曜日のような暑い日はハイライト要らないかも。

皮脂がいつも以上に出るのでハイライトつけてるとテカテカ顔に見えてしまうかも。

私の場合、もうちょっとつける量とか訓練が必要です。

でも、使いこなせるとナチュラルなツヤ肌で立体感のある顔になれることは確か。

まだまだ毎朝の実験的なメイクが続きそう。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment