美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

おでこのシワと痩せたこめかみへの肌再生医療 1年後

2016
07
あっという間に1年経ちました。

2015年の肌再生医療のテーマのメインはおでこのシワだったんです。

そして、あれから1年が経過・・・

早い。

毎年1部位ずつ肌再生医療を行って、着実に老化を阻止(?!)し続けております。

去年は念願の全顔治療を行えたこともあり、過去の治療部位のメンテナンスもできたので、2012年、初めて治療したホウレイ線はまだまだ復活する気配は無し。

そもそも、最初になんでホウレイ線の治療したんだろ?って思うほどに気にならない存在に。

今は笑った時の目元のシワと、ゴルゴラインが気になりだした。

結局、治療してない部位の老化がすすみ、他の部位より目立つので気になり始めてるんだと思うけど。

去年まではゴルゴラインなんて自分の顔にはないと思っていたし、そんなことよりもおでこのシワが気になっていたのに、今となってはおでこのシワよりもゴルゴラインが気になるようになるとは。

そんなわけで、おでこのシワの治療を行ってからちょうど1年が経過。

治療前と現在とで改めて比較してみました。
おでこ1年後-2

上がBeforeの2015年5月頃のおでこの状態。

その2ヶ月後の7月に治療を受けています。

下が2016年7月のおでこの状態。

Beforeと比べたら確実に目立たなくはなっているんです。

でも、まだまだおでこの横ジワは残っていて、理想のツルンと丸いおでこにはなっていません。

治療する時に先生が言っていたけど、おでこの治療ってなかなか難しいらしい。

ホウレイ線なんかは割と効果がでやすく見た目にもわかりやすいことが多いらしいんだけど、おでこのシワはなかなか強敵みたいで、シワが全くない完璧なおでこを目指すのなら肌再生医療では既に手遅れな状態になっている人が多いんだって。

だからおでこのシワはできるだけ早い段階で、シワがまだ目立たないうちから予防としてやっておくのがお勧めです。

とはいえ、私のおでこのシワもそれなりに目立っていたけど、今では気にならないくらいにまで改善されてます。

大満足かと言えば、そうではないけど、それなりに満足。

でも、もう一度おでこの治療をやりたいな、って思ったりもする。

とはいえ、痩せて骨ばっていたこめかみも皮膚に厚みがでてきた感じで骨っぽさが無くなりました。
こめかみ半年後-1


もう1年経つので、これ以上の変化はないのではないかと思うけど、おでこのシワに関しては気にならなくなったということでよしとしよう。

これ以上の改善を求めるのは無謀なんだろうか。


今度検診の時に先生に聞いてみます。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment