美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

開いた毛穴にはグりシルグリシン?

2016
25
昨日のブログで1年前のお肌を見て毛穴が今のように開いていなかった写真を見て衝撃を受けておる美女道子です。

だからますます開いた毛穴を何とかしたい欲求に駆られる・・・

相変わらず皆様からたくさんの開いた毛穴対策へのアドバイスを頂戴しておりますが、初耳なのが「グリシルグリシン」について。

私は毛穴対策に、グリシルグリシン+ビタミンCを家庭用美顔器でイオン導入してます。グリシルグリシンは効くタイプ、効かないタイプの毛穴に分かれるみたいですが、ネットで粉末や原液を買えばかなりコスパあるので試してみる価値ありです!



”グリシルグリシン”で検索してみると、2012年?に毛穴がなぜ開くのかを、NHKの「試してガッテン」で特集していたことがあったらしく、そのグリシルグリシンがすり鉢状に凹んだ毛穴に効果がありと最初に発見したのが資生堂らしい。

毛穴の開きにもいろいろと種類が合って、ちょっと前までの私の毛穴は角栓が詰まっていて、角栓が目立つ、さらにその角栓を取ると毛穴が開きっぱなし、って感じだったのだけど、スキンケアをれんげ化粧水に戻してからは角栓はほとんどできなくなって、でも毛穴の開きもまだ目立つ・・・みたいな感じだし、10倍拡大鏡で毛穴を見てみると、角栓は詰まってないけどすり鉢状に凹んでいるのがわかる。

私のようにすり鉢状に凹んだ毛穴イチゴ鼻といわれるもので、いわゆる弛み毛穴とは違うらしい。

で、このすり鉢状に凹んだ毛穴は二度と治らないらしい。(泣)

二度と治らないんだけど、目立ちにくくさせることはできるとのこと。

そして目立ちにくくさせるのに一役買ってくれるのが「グリシルグリシン」だというのです。

毛穴をすり鉢状にしてしまう原因のひとつとして、洗顔のしすぎとかで皮脂の取りすぎによる皮膚のバリア機能が低下して外部からの異物が侵入しやすくなり、その侵入してきた物質の中にオレイン酸という刺激物が含まれていて、これが毛穴に炎症をもたらすらしいんだけど、その炎症が原因で角化という細胞が正常な状態で育つことを阻害するので、未熟なままの細胞が表皮となってしまい、毛穴が凹んでしまうらしい。
そのオレイン酸の炎症を抑えてくれるのがグリシルグリシンなんだって。

なので、グりシルグリシンが効くタイプの毛穴というのは、私もだけど毛穴に角栓とかが詰まってないのに凹んでる状態の毛穴の事ではないかと。

資生堂が発見したので、グリシルグリシンの特許をとっているとか。

グりシルグリシンとビタミンCの入った毛穴に最強な感じの化粧水も販売してたりするようで、私もイオン導入で試してみようかな、と思います。



グリシルグリシンの体験談などもありましたら教えてくださーい。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/23 (Tue) 23:33 | EDIT | REPLY |   

ホワイトラビット  

グリシルグリシン一年くらい使ってます。単体だと浸透力が弱いそうなので イオン導入かappsに混ぜてます。
ファンデでサッと隠れるくらいの毛穴にはなりました。
エレクトロポレーションの美顔器を買ったので
これで導入するとかなり効果が早いです。
apps、プラセンタ グリシルグリシンを主に入れてますが顔がキュッと上がるしお気に入りです。

2016/08/24 (Wed) 18:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment