美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ヘリオケア アンチオキシダントって本物?

2016
06
れんげ化粧水を再び使い始めて、日焼け止めを塗ってはいけないと言われ、でも日焼けはしたくないので日常生活における紫外線程度なら飲む日焼け止めと日焼け止めパウダー少々で十分まかなえるであろうと、ますます飲む日焼け止めへの依存度が高くなる。

でも飲む日焼け止めって結構高いんです。

朝の通勤時にトータルで10分~15分の日差しを浴びるのと、日中に紫外線にあたったとしても10分あるかないかくらいの時に、例えばヘリオケアウルトラDカプセルの場合だと1瓶30粒入りで約4700円なので、1粒当たり157円。

これを毎朝飲むとなると毎月4700円でしょ。

塗るタイプの普通の日焼け止めなら5000円位のものを買えば3ヵ月は軽くもつよね?

そう思うと根っからのケチ根性でなんだか飲む日焼け止めはもったいなく感じる。

じゃあ、塗るタイプの日焼け止めだけにしておけばいいと思うけど、れんげ愛用者としては日焼け止めを塗るとクレンジングや石鹸での洗顔をしなくてはならなくなるのでどうも気が引ける・・・

今はできるだけれんげ研究所の使用説明書のとおりに使って、早くクレーターのように開いてしまった毛穴を閉じさせることが最優先。

ならばやはり飲む日焼け止めを活用しないと、というわけで、目を付けたのがアメリカ版なので安いと言われているヘリオケア・アンチオキシダント

こちらは60粒で約3600円と今まで飲んでいたヘリオケアウルトラDカプセルの半額。

なんだけど、よーく見てみると、ヘリオケアウルトラDカプセルヘリオケアカプセルヘリオケア・アンチオキシダントの製造元が違っていて、なんかこれ、本当にアメリカ版パッケージッてなだけなのか?と疑問が。。。

アメリカで作られているヘリオケアとは違う別の(ジェネリック的な)飲む日焼け止めなのではという気がしてやっぱり買うのやめようかどうしようか迷う。

で、迷うくらいなら聞いてみよう、ということで、ヘリオケアのメーカーである I.F.Cantabria,S.A.のカスタマーサービスに問い合わせてみたところ、このヘリオケア・アンチオキシダントは間違いないくアメリカで売るためにI.F.Cantabria,S.Aが作らせているものだという回答をもらいました。

なので、間違いなく本物であることを確認。

よって、安心して購入できるので、早速注文。

以前購入したヘリオケアウルトラDカプセルの在庫が残り3粒となったため、これは毎年恒例の甥っ子の運動会のために取っておくことにします。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment