美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

れんげ→北原化粧品→れんげ

2016
12
林先生の初耳学で小顔になる方法を見てから、毎日実践中。

やり方は簡単で輪ゴムを自分の耳に合わせてちょっと小さめの輪になるように結んで、それを耳にかけるだけ。

1日10分程輪ゴムを耳にかけていると、咬筋という筋肉が引っ張られて?筋肉の緊張がほぐれて筋肉に引っ張られていた骨が元の位置に戻って小顔になるとか、そんな感じ。

とりあえず、かなり手軽なので即実行。

そしたら、確かになんか顔がしゅっとしたというか、輪郭が整ったというか、なんかいい感じ。

かなりお手軽なので、毎朝洗顔後に輪ゴム付けて、そのままお化粧、朝ごはん食べて外出するまで付けっ放しです。


さて。

本日は最近よくいただくご質問について、回答いたします。

れんげ化粧水をまたお使いになられるとあって、以前お使いになられていた北原化粧品は使用をやめられたのでしょうか?



そうなんです。

昨年の9月?頃からスキンケアをれんげ化粧水から北原化粧品に一新し、そしてまた現在はれんげ化粧水のみのスキンケアに戻りました。

ではなぜ、そもそも最初にれんげから北原化粧品に変えたのかっていうことなのだけど、その時々の肌への思いや目指す肌などでいろいろあったわけなんですが、一番の理由は、

「子供のようなサラサラな手触りの透明感のあるお肌になりたい」

と思ったから。

この、さらさらな手触りの透明感のあるお肌を実現させてくれるのに一番効果がありそうだと思ったのが北原化粧品だったし、実際にそのような子供のお肌が本来のお肌のあるべき姿だと、北原院長先生からもお聞きしたし・・・

その頃の私のお肌は「自称ツヤ肌」だったんだけど、北原化粧品の方々の目には皮脂過剰のベタベタ肌だったわけです。

確かに、手で顔を触るのには躊躇されるような油っぽさはあったし、実際に髪の毛や虫がくっついたりしていたのだから、皮脂過剰だったし、さらさらとは程遠い肌質ではあったのです。

なんだけど、さらさら肌を求めた結果、ツヤが無くなったのです。

まだ1年も使わないうちに断念してしまったので、もっと長く北原化粧品を続けていれば子供のようなサラサラで透明感のあるお肌になれたのかもしれないけど、それまで根気よく続ける根性がなかった。

そしてスキンケアを見直そうと思った一番の原因はブログでも何度も話題にしてますが、毛穴の開きが目立ってきたこと。

これは、北原化粧品を使っていたから毛穴が開いたとか、そうゆうことではないと思う。

実際に北原化粧品を使っていた時に毛穴が開いたな~みたいに思ったことは無かったし。

むしろ、美顔術を受けた後は顔の手触りがサラサラで毛穴も引き締まっていたのを実感できたし。

ただ、今再びれんげ化粧水に戻して、時々お化粧をしなくてはマナー違反になりそうな場面ではファンデーションを使ってお化粧するので気が付いたんだけど、ファンデーションを付けると角栓ができやすくなります。←私の場合。

これは市販のファンデーションには石油系のなんチャラとかいう成分とか、界面活性剤が・・・とかそうゆう類のものが入っている事が原因とかではないと思うんだよね。
なぜなら北原化粧品の練白粉を使っていても角栓ができるようになったから。

でも、れんげ化粧水を使っている時は角栓について悩んだことがなかったのを思い出し、毛穴が開いてしまったのは角栓ができるようになったからだと思うようになり、とにかく早くなんとかしたかったので過去の経験とケアナレスすぎるれんげの販売員さんのお肌を目の当たりにして、再びれんげに戻してしまったのです。

なので私の場合はミネラルファンデーションを使ったとしても角栓はできる。

角栓をできなくさせるには、ファンデーションの類を顔に塗らないことで、となると、夜寝る時も練白粉を付けることがスキンケアの一環であるという北原化粧品と、とにかくれんげ化粧水しか使ってはだめ、ファンデーションなんてもってのほかで、お粉もできるだけ使ってはダメ、というれんげのほうが私の肌コンディションを整えるのに最適だ、と思ったのです。

実際に自分の生活スタイルを見直してみた時に、汗を大量にかくホットヨガ後はやっぱりすっきりと全部顔を洗ってお化粧(ポイントメイク)をし直したいけど、北原化粧品のお化粧はちょっと手間がかかる。

汗をかいても練白粉は落ちないけど、そのまま一日中っていうのは私の練白粉を塗る技術ではまだまだ足りなかった。

結局は、お手軽なれんげに戻ってしまった、というわけです。

いつかまた、北原化粧品を使いたいと思う時が来るかもしれないけど、今はとにかくできれかぎりスッピンでいることが角栓もできないし、角栓ができなくなったことでストレスを感じなくなって調子がいいのです。

あのまま北原化粧品を使い続けることでもしかしたら今頃は子供のようなサラサラな透明感のあるお肌にちょっと近づいたかもしれない。

そう思うと悔やまれるけど、今のお肌の状態にもとりあえずは満足なのでいまはれんげ化粧水一筋です。
結局楽な方を選んだってことなのですが。

でも北原化粧品は一度は使ってもらいたいお化粧品ではある。

なぜなら、スキンケアに対する考え方とかが変わるし、どうしても練白粉は・・・・って方は石鹸だけは使って損は無い。

私も今でも石鹸は愛用しているし、昔から愛用してましたし。

今は再びケアナレスなツヤ肌を目指してれんげ道です。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment