美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

2016年の肌再生の治療部位

2016
15
2012年から始めた1年に1部位(最近では全顔治療も)若返り大作戦も、今年で5年目。

今までの治療の歴史は、

2012年はホウレイ線
2013年は頬のこけとフェイスライン
2014年は瞼の窪みとたるみ
2015年はおでこのしわこめかみ

で、5年目の2016年は、

目尻の皺とゴルゴラインと毛穴の開きとおでこのしわ再び

に決めました。

これでほぼ全顔網羅。

5年かけて全顔治療です。

幸いにも一番最初に治療したホウレイ線はまだまだ気になるレベルに衰えることがないので、といっても、昨年の2015年に3ccを全顔治療で使ったので、その際にホウレイ線にも若干細胞が新たに移植されているのでまだまだ治療後の良好な状態を維持できている感じ。

いままでに治療した部位でまだ完璧ではないかな・・・というのが

・おでこのシワ
・目尻のシワ

かな。

目尻のシワは2014年のまぶたの窪みと弛みの治療の際に、ついでに目尻にも細胞を注入(移植)してもらったので以前よりはマシ。
だけど、右は気にならないんだけど左がまだうっすら笑いジワが残るのが気になる。
IMG_4772-001.jpg

おでこも昨年治療したのでシワの溝はだいぶ薄くなってはいるけど、しわはまだ健在だし、理想はもうちょっと丸みのあるおでこ希望。
IMG_4803-001.jpg

そして、以前よりはだいぶマシになったんではないかと自分では思っているのだけど、相変わらず開いた頬の毛穴。
IMG_4799-001.jpg

ちょうど、毛穴と同じ個所なんだけど、遠目で見ると程良く目立つゴルゴライン。

今年はこの3ヶ所を中心に治療します。

あと、鼻の毛穴の開きにも効果を発すると、以前コメントで肌再生医療仲間の方が教えてくださいましたので、もしかしたら鼻にも注入するかも。
他の部位でどの程度細胞を必要とするか、まだぼや~んとしているので、月末の治療日までに考えよ。

頬の場合は毛穴+肌のハリやたるみ、ゴルゴラインなどの改善も見込めるので喜んで治療するけど、鼻はね~。

鼻はたるんでないし、しわもないからね・・・

毛穴のためだけに細胞を使うのはもったいないような気もするけど、、、

でもケアナレスな鼻って憧れる・・・



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment