美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

治療後のスキンケアは自分の細胞培養液入り化粧水で

2016
28
一昨日の肌再生医療による全顔治療から2日が経過しました。

過去の経験から、治療による針の跡のポツポツとした赤味は約2日程度で目立たなくなるのですが、日常生活を普通に送るのには翌日からでも十分可能で、ダウンタイムとしては約2日くらかな、と思っています。

今回も内出血などすることなく、赤い点々が顔に出ただけで、昨日は昼も夜も外出して一日中人と会っていたけど誰からも何も言われませんでした。

今日はまだ赤い点々は顔に残っているものの、だいぶ落ち着いてきています。

肌再生医療の後のスキンケアは、以前注文し、治療後のスキンケアのためにとっておいた自分の細胞培養液入りの化粧品

治療後はたっぷりの保湿と紫外線ケアに特に気をつけるようにも言われたので、れんげ化粧水はちょっとお休みし、お試しで購入した細胞培養液入りのスキンケアを使ってみます。

こんな特別な事でもないと使えなかったし。←もったいなくて。

治療直後は針でお肌に穴も空いているし、自分の細胞培養液の入った化粧品を使えば角質層の奥の奥までに成分が浸透するはずだし、化粧品の効果が上がると思ってお試しセットの化粧水とクリームを持っていったのだけど、治療直後はむしろ何も入っていない油分だけのクリーム?のようなもの(医療用かな?)のほうがよいとのことだったので、RDクリニックで治療後に使用しているものを塗ってもらい、当日の夜のスキンケアから自分の細胞培養液入りの化粧品を使い始めました。
IMG_4485-001.jpg

使ったのは化粧水とクリーム。

お試しセットでは乳液も入っているのだけど、化粧水後に乳液付けて、その上にクリームつけるのって乳液で既にお肌に油分で膜を作ってしまっているので成分がお肌に浸透するわけではないのでもったいない。

なので私は、乳液→普段の保湿に、クリーム→特にしっかりと保湿したい時に、と使い分けて使います。

化粧水自体はサラサラというよりはちょっとだけとろみのあるような感じで、化粧水だけでも保湿力は高いかも。

クリームはほんのりピンク色で、ニベアのようなクリームというよりはゲルクリームのようなプルンとした感じ。
IMG_4881-001.jpg

化粧水は無臭だけど、クリームはなんだかほんのりとバラ?のようなフローラルぽい香りがして癒されます。

使用感はどちらもしっとりとして保湿に関しては全く問題なく、今朝起きた時はお肌がしっとりとスベスベでした。

つけたてよりも、時間をおいてからのほうがお肌になじんでいい感じになるかも。

この自分の細胞培養液入りの化粧品も結構売れてるみたいで、RDクリニックの待合室にいた時も注文の電話が何本かかかってきてました。

やっぱりポイントは自分の細胞培養液入りってところかな?

特に治療後のスキンケアにこれを使えば最強のような気がする。

今回の治療は北條先生のテクニック+セルバンクのスキンケアという今までとは違いレベルアップしてるので、効果がどのようにでてくるのか本当に楽しみです。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment