美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

頬のこけ 1ヶ月後

2016
01
2016年の北條先生のゴッドハンドによる肌再生医療も1ヶ月が経過。

治療個所は全顔で、特に気になる個所は北條先生のゴッドハンドによって念入りに細胞移植がなされたので、治療から2週間で早くも効果がぁ割られ始めている個所もある。

特に今回の治療で改善したかったのは、

・おでこのしわ
・目尻の笑いジワの跡が残る現象(つまり皮膚が薄くなっているので目尻にハリをもたせたい)
・ゴルゴラインと毛穴の開き

だったわけだけど、実は頬のこけもほんの少し気になっていた。

といっても、2013年に頬のこけに対する治療をしているのでそんなに気になるレベルではないのだけど、欲を言えばもうちょっとフェイスラインに膨らみと言うか、ハリが欲しいな~なんて思っていたけど、治療の対象にする程の事でもなかったのでカウンセリングでも特に何も言わなかった。

んだけど、治療をしてもらっている時に北條先生が頬のこ部分をなぞるように水光注射を打っていたのでビックリ。

何も言わないの似気になる個所全部治療してくれた!

そんなわけで、頬のこけにもばっちり細胞を移植しているのでその効果が気になるところ。

2016 頬のこけ-1

Beforeは今年の治療直後の写真です。

顔に赤い点々があるのと、治療後は腫れるとか言われるているので(自覚なし)わかりにくいかもしれないけど、1ヶ月後はどうだろう?

あんまり変わってないような?

そもそも、そんなにこけていたわけではないのでちょっとわかりにくいかもしれないし、自覚症状もそれほどありません。

ちなみに、↓の写真のBeforeの※部分に水光注射をあててました。
2016 頬のこけの治療

これでも、2013年の頬のこけへの治療前はこんなでした。
010_20161201155623aee.jpg007_20161201155621344.jpg

これで今より体重が3キロほど多いんだから、頬のこけは改善されてはいるんです。

それにしても、2013年の頃のお肌は今よりも毛穴が目立っていない・・・

だいぶ回復してきたとはいえ、昔の写真を見るとやっぱりお肌も着実に衰えているのを実感します。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment