美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

RDクリニックのPRP治療

2017
17
年末から使い始めたオバジのレチノールのおかげでお肌がつるつるツヤツヤすべすべになった。

この件については別途改めて記事にしますが、最初はレチノールとトレチノインを混同して高濃度のレチノールを買ったつもりが実はレチノールの1%はトレチノインの0.01%にも満たないと知って無駄なものを買ってしまったと後悔していたんだけど、使って見たら効果がちゃんとあるのの副作用が少なくて使い勝手がめちゃよかった。

ちょっと高いけど、今後も継続して使い続けようかと検討中。

さて、本日の本題はRDクリニックで始めたPRP治療についてです。


道子さまはPRP治療には興味はございませんか?
RDクリニックでPRP治療をうけようか悩んでいます。
費用の面でもとっかかりとして
うけやすい治療かなと思いまして。



というか、こちらのコメントをいただくまでRDクリニックでPRP治療を始めたことを知りませんでした。

正直に言って、ちょっと驚きました。

なんで肌再生医療という根本治療を行っているRDクリニックが今になってPRP治療を始めたんだろう❓❓

以前ブログでも何度か書いたことあるけど、PRPとかダーマローラーって今現在存在している細胞を活性化させるアンチエイジング法のこと。

例えば、今私の顔に100個の細胞があって、そのうち50個は100%で稼働中。

残りの50個は60%で稼働していた場合、こいつらに栄養剤を与えて残りの40%の余力を使わせることで、コラーゲンなどの生成率を高めていくのがPRP療法。

簡単にいうと現存している細胞をフル稼働させるために自分の血小板を注入するのか、ダーマローラーのように針で穴を開けて自然治癒力を利用するのか、最終的に現存している細胞を働かせるのは同じなんだけど、手段が違うだけ。

肌再生医療は細胞を増やすので100個の細胞を150個にする方法。

だからその中でフル稼働している細胞がどれだけあるかはわからないし、培養する自分の細胞の若さによっても働き具合が違うのだけど、細胞が増えるということは働き手が増えるので一人当たりの負担が減るので細胞も長生きしやすいというか、働きやすくて休みが取りやすい職場的な感じになる。

ちなみに、肌再生医療で治療をする際に細胞を移植するときには針で肌を何度も刺すのでダーマローラー的な効果も追加されて、細胞が増える&現存する細胞が活性化するというダブル効果があります。

そんなわけで、RDクリニックがはじめたというPRP治療についてですが、HPを確認してみたところ、血小板を抽出する技術が超高度&完全無菌とのことで、他クリニックでの血小板を抽出と比較すると濃度が3〜5倍で公的な品質証明書がつくということで、さすが肌再生医療の専門機関という感じはする。

お値段も肌再生と比べると1ccで顔半分、今なら50%おふの7万5千円とかなりお手軽。

とっかかりとしてはコメントいただいたようにお手軽感はあります。

でも私はやっぱりやるなら肌再生医療かな〜。

おそらく私の場合は最初にPRP治療を受けたとしても、結局は肌再生医療を受けるだろう思う。

PRPはやったことないので効果がどの程度なのかがよくわからないのですが、ダーマローラーが出回った頃はPRPよりも効果が高く万能、みたいに言われていたんですよ。
で、私も自分でできるダーマローラーを率先してやっていたわけだけど、肌再生医療のように目に見えて毛穴が小さくなったりシワが改善されたりという効果はかんじられませんでした。

もちろん、自分でやっているのでクリニックでやってもらうのも力加減も違うだろうし、いろいろと問題はあるだろうけど、やっぱり感動的な効果が得られるものは肌再生医療以外にないと思うんですよね。

独断と偏見だけど。

PRPも30代前半とか20代後半とかだと効果も高いのかもしれないけど、私はアラフォーなので細胞の数自体を増やさないともう無理。

一度細胞を増やした後で、メンテナンス的にPRPを受けるのは効果があるとは思うんです。

なので私がPRPやるなら再生医療後ですかね。


そういう意味ではRDクリニックがPRP治療を始めてくれて、安心してメンテナンス的な治療が受けられるというのはありがたいことかも。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment