美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

【肌再生医療】まぶたの窪み 3ヶ月後

2017
21
最近はまっているグミ。

特にハード系のものにはまっていて、コンビニでいつでもどこでも買えるものだとイチオシはコーラアップ

とにかくハマる。

個人的にはHARIBOのコーラ味よりコーラアップの方が美味いと思う。

二番目はちびサワーズ グミのエナジードリンク味

いわゆるリポビタンDみたいな味がするんだけど、美味しいかまずいかは好みの問題として、私はなぜだかハマりました。

気のせいかもしれないけど、グミをたくさん食べるようになったらますますべんつうがよくなった。

偶然なのか、グミのゼラチン効果なのかは謎なので、もうちょっと検証してみます。

さて、本日はこんなコメントをいただいたので、思い出したようにまぶたの窪みの治療後の効果について比較してみました。

私もついに2016年にRDデビューを果たしました。
顔3㏄x2、目の周囲1㏄x2です。

サーマクール、ウルセラなども経験し、
それなりに結果に満足していましたが、
肌再生治療を経験すると、アプローチの違いが結果の違いとしてはっきりしました。

特に、以前より瞼のたるみで目が三角みたいになり気になっていて、
サーマクールアイで瞼をひきあげていましたが、
肌再生治療ですと、まぶたのくぼみをふっくらさせ、
その結果としてはりがでて、瞼のたるみが改善されました。

頬のコケについては、美女道子さま同様、ふっくらして、
健康的な印象を得ることができました。



目が三角・・・わかります。

目元の老化は、まぶたのたるみ、まぶたの窪み、目尻のシワが三大要素で、「あの人は今」的な久々に見る芸能人などの老化を感じるのってやっぱり目元の衰えを見てしまった時かなって気がします。

私は目の周りは2014年に一度治療をしているのだけど、1cc✖️2回でまぶたのくぼみと目尻のシワと涙袋のたるみなどの目周り全般を賄ってもらったので、まぶたのくぼみだけを1部位として治療した場合と比べたら、やはり効果はちょっと薄いかも。

それでも治療しないよりは全然よくなったし、まぶたのくぼみは気にならなくなってるし。

でも2016年の北條先生の治療では、まぶたのくぼみが・・・とはカウンセリングでは言っていないのにもかかわらず、全顔治療の一環としてまぶたのくぼみも念入りに細胞を移植してくれました。

そんなわけで、治療当日の直後の写真と比べて見ました。

うっすらだけど、赤く注射の跡が付いているのが北條先生がハンドで念入りに治療してくれた部分で、まぶたのくぼみに沿って細胞を移植してくれています。

20170221141430a35.jpg

そのくぼんでいる部分が3ヶ月後には見事になくなった!

もう本当に深夜に鏡を見ても「目が落ち窪んでる…」などとショックを受けることもなくなったし、くぼんでるせいで二重ならぬ三重になってしまうこともなくなりました。

まぶたの皮膚がしっかりしてきたというか、顔全体の皮膚に厚みが出てきて透明感が出てきたのではないかと思う。

これだけでも印象がだいぶ違う気が。

ちなみに、2014年に目の周りの治療を受ける前の本来の(?)自分のまぶたはこちら↓
IMG_0391.jpg



あれ?

治療直後の2016年10月の方がくぼんでるような?

ま、今は改善されているので気にしない気にしない…




関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment