美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ハイドロキノン4%が1本約470円だった。

2017
09
2016年の10月末に肌再生医療による全顔治療を受けてから4ヶ月が経過しました。

細かい経過は別途ブログにも載せているように、とにかく確実に着実に効果が出ています。

特に最近感じるのは顔全体に張りが出てきたこと。

悩みだったクレーターのように開いてしまった毛穴も、もうクレーターとは言わせないくらいにまで改善。

まだ毛穴レスではないけれど、とにかく鏡を見るたびに開いてしまった毛穴をどうしようかと悩んでいたストレスからは解放されるし、実際に肌がどんどん若返るのを実感できるのはとにかく嬉しいの一言です。

そして、やっとクレーター毛穴の悩みから解放されたと思ったら、新たな問題点を発見してしまった。

新たな・・・って言っても、前からあったんだけど、今までは毛穴の開きに視線が釘づけになってしまうので気がついていなかっただけで、頬のシミ(肝斑かも)は着実に濃くなって増えているように思う。

アップ↓
201703091148273bb.jpg
遠目で見ると頬にうっすらシミの影ができる
20170309114825d01.jpg

このシミだか肝斑だかが最近の悩み。

肌再生医療によって皮膚が均一になったことによって余計に目立つようになったんだと思う。

次から次へと悩みはつきません。

そんなわけで、そろそろ紫外線も強くなるので本格的に美白を始めました。

っていうか、年末からオバジのレチノールを使っているにもかかわらず、トレチノインとセット使いが必須なハイドロキノンを今まで使っていなかったことが問題だ。

レチノールによって肌のターンオーバーを促進し、できてしまったシミを垢として排出しながら新たなシミを作らないようにするのがハイドロキノンの役目。

美肌のためにレチノールを使うならハイドロキノンとの併用は必須なんです。

さらに、ハイドロキノンにはレチノールの副作用で起こる炎症後の色素沈着を防ぐ役目もあるんです。

ただ、私が今使っているのはレチノールであって、トレチノインではないので、その生理作用は100分の1程度と言われているし、炎症や赤みを引き起こすことはないので問題ないとは思う。

でも、とにかくシミが目立つように感じているので対策をとることにしました。

久々にハイドロキノンを個人輸入♬
20170309173541e32.jpg

大量の12個。

っていうか、いつも個人輸入をしている「彩香」のサイトを見ていたら、ハイドロキノン4%のユークロマが12本セットで約5500円で売ってるんだけど、今までこんなに安かったっけ?

1本あたりに換算したら500円切るんだよ。

1本だと1280円くらいで、3本まとめて買うと1本1000円しないくらいだというのはなんとなくわかるんだけど、12本で5500円ほどっていうのは安い!

どうせ使うし、必須なアイテムなのでどどーーんとまとめて12本買いました。

これで心置きなくシミがなくなるまでハイドロキノン使えます。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment