美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

バストアップと豆乳

2017
24
今日の豆乳はベリーミックス

ふつうに美味しいので毎日の飲むのが楽しみになります。

さて。

豆乳といえば大豆イソフラボン。

大豆イソフラボンといえば女性ホルモンのエストロゲンと同様に作用するということで有名です。

女性ホルモンといえば、バストアップ

過去には真剣にバストアップに励んだこともあったし、プエラリアミリフィカのサプリやバストアップのマッサージなどもやっていたっけね・・・┐(´-`)┌

一つだけ確実に効果があったと思うのは、ブラデリスの育乳ブラかな。

このブラのおかげでバージスライン(両胸と鎖骨とを結ぶ三角形)が整って、離れ乳だったのが中央に寄ってきたから。

ただ、今はすっかりバストアップに対する熱意は冷めていて、というか、やっぱりバストアップって無理でしょっていう思いの方が強いので、豆乳生活を始めたからといって今更バストアップに励む気はなし。

ただ、偶然にも毎日大豆イソフラボンを摂取する様になってバストアップできたら儲けモンくらいに考えてます。

そんなわけで、まず最初に購入した3つの味(ゴマ鉢・ベリーミックス・オレンジ)の豆乳飲料の1本あたりに含まれるイソフラボンの量は味によって違いました。
201703171147510ad.jpg

一番イソフラボンの量が多かったのがごまはちで44mg。

オレンジが24mgでベリーミックスは26mg。

ということは、豆乳飲料の中でもごまはちが一番豆乳の量が多いってことになるのかな?

日本豆乳協会によると、大豆イソフラボンの1日の摂取目安量の上限は70~75 mgだそう。

つまり、ゴマはちを1日で2本飲むと上限を超えてしまう。

ただ、2006年に発表された内閣府の食品安全委員会の報告書では、これを超えたからといって直ちに健康被害に結びつくというものではないとのこと。

普段の食生活の中で大豆製品を毎日食べるということはなかったので、今回の豆乳生活によって継続的に大豆イソフラボンを摂取することで何か変化が出るのか注目しています。

@コスメでの大豆イソフラボンのサプリの口コミを読んでみたら、

・1日2粒で胸が張ってきて少し大きくなった。
・40日近く続けて、特に効果を感じなかった
・わき毛が薄くなって、剃る回数が明らかに減った。
・生理不順が改善され、抜け毛も落ち着いて、新しい髪の毛が生えてきてます。
・飲んでから、2か月頃から心なしか胸が大きくなった気がします

などなど、まだ全部口コミを読み終えていないのだけど、効果がある人もいればない人もいるって感じでしょうかね。

私は大豆イソフラボンのサプリを飲む予定は今の所ないので、もしかしてバストアップできたらラッキーくらいな感じで豆乳生活を続けます。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment