美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

オルリファストの効果が出るタイミングがわかってきた。

2017
07
オルリファストを最初に飲み始めてからそろそろ2週間になります。

油断するとトイレ以外でもお尻から油が排出されるという事態が発生する可能性があるため、長時間トイレに行けない日などは気をつけなければならず、いつ飲むとどのタイミングで油が排出されるのかを検証中。

前回は飲み始めてから6日目までを記録しましたので、その続きです。


以下前回からの記録


1日目・・・間食時にクッキーとともに1錠→翌日の油排出はなし。お通じが良くなる。(通常1日目1回のところ1日目2回になる)

2日目・・・牛丼とともに1錠→翌日の油排出はなし。お通じがさらに良くなり、1日3回に。下痢などの症状はなし。

3日目・・・焼売とともに1錠→翌日の油排出はなし。お通じが1日3回になり快便中。

4日目・・・お昼にファミチキ食べたので1錠。夜に豚キムチ食べたので1錠。合計2錠飲む。→翌朝油排出。お通じは1日4回程度になるものの、下痢などではなくいたって普通の快便中。

5日目・・・油もの食べてないので飲まず。→トイレで力むと油排出。お通じは1日1度程度になる。

6日目・・・まだ少し油は排出されるけど、お腹がゆるくなるとかはない。お通じの回数も減り、通常に戻りつつある。油もの食べてないんで飲まず。



そしてその後。

7日目・・・お通じの回数は通常に戻る(1日1回)。快便でもなくなる。油もの食べてないので飲まず。

8日目・・・お通じなし。オルリファストも飲まず。

9日目・・・お通じなし(つまり便秘気味)。夕飯にナポリタン食べたのでオルリファストを1錠飲む。

10日目・・・お通じあり。1日に1回だったけど快便気味。油は出ない。油もの食べてないのでオルリファスト飲んでません。

11日目・・・油はでないけどびっくりするくらいの量で快便中。←イマココ


みたいな感じ。

つまりですね、今までのところの実体験をまとめてみると、普段から食事が油物かどうかに関わらず、1日1錠のオルリファストを飲む習慣がある場合、毎日びっくりするくらい快便になり、確実に油っぽいものを食べた時は翌朝に油が排出されて、若干便が緩くなる傾向が。

1日1錠ではなく、あくまでも油物を食べたときにだけオルリファストを飲む、というスタンスの場合は、オルリファストを飲んだ翌々日くらいから抜群にお通じが良くなり、油も排出される。

これは私の場合、ですけど。

肝心の体重の変化は、というと、ただいまマイナス800グラムってところかな。

ただ、食事制限などは全くしていないし、オルリファストを飲むとあんなに毎日快便なのであれば、油物に関わらず、1番量の多い食事(私の場合は夕食)の時に、とりあえず1錠オルリファストを飲んでおけば痩せはしなくても体重は増えないだろうと思う。

貧乏性なのか食い意地が張っているのか、私はオルリファストを飲んだら、せっかく飲んだんだから油物にもうちょっと食べなきゃ的な考えになり、いつもなら7割程度でやめておくところを8.5割くらいの量を食べる傾向にあります。

これを止めれば体重は減るのでは、と思う。

さすがFDAに認可されている肥満薬だけはあると思った。

とにかく、この快便感が病みつきになりそうで、来週は食事の内容に関わらず毎日1錠飲んでみて、体重の変化をみてみようかと思います。







前回の記事に対する励ましのコメントをくださいました皆様、本当に本当にありがとうございました。

心優しいお言葉に涙が出ました。

今後もくだらない内容ですがマイペースで自分の思ったままの美容法を突き進んでブログにて記録を書き記したいと思います。
今後も暇つぶしに読んでいただけますと幸いです。





関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment