美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

オバジ360のレチノール1%はいつまで使えばいいの?

2017
11
オバジの1.0%のレチノールがそろそろ(とうとう)無くなる。
201704111245094c0.jpg

年末から使い始めたので今月末まで使えれば1本で4ヶ月使用可能だけど、そろそろプッシュしても出る量が少なくなりつつあるので、あと1週間が限度かな。

歯磨き粉のように後ろをハサミで切って使えばあと2週間くらいはイケるかも?

と、同時にちょうど1ヶ月前から使い始めた12本まとめ買いしたハイドロキノン

1本で470円程度だったのでたっぷりと惜しみなく全顔に塗っているので減りが早く、こちらもそろそろ無くなりそう。

ところで、オバジのレチノールってどれくいらい継続して使えばいいんだろ?

レチノールの100倍のもの生理作用を持つトレチノインは、使い続けていると耐性(薬剤に対して抵抗性を持ち、効かなくなること)ができてしまうので薬理効果をあげるために計画的な間歇的使用(2-3ヶ月治療後、1-2ヶ月中止することを繰り返す)を行うことがあるのだけど、レチノールの場合はどうなんだろうね?

もともとオバジ360のレチノールは副作用の顔の皮剥けなどが出にくい処方になっているので、私もトレチノインを使うと必ずできる口角炎もできないし、でもホットヨガ後やお風呂でちょっと顔をこするとちゃんと垢のように顔の皮が剥けるので、皮膚の新陳代謝はトレチノイン使用時と同様にできていると実感できる。

実際にツルピカ肌になるし。

レチノイン酸(トレチノイン)を使ったシワの治療では長期的に半永久的にトレチノインを繰り返し使用することで小じわの改善が見込めると言われています。

だいたい、2〜3ヶ月トレチノインを使用するとお肌がツルピカになるので化粧のノリも良くなるし、透明感も出てくるのでここで満足してやめてしまいがちなんだけど、小じわに対してはここからが勝負。

さらに半年から1年間使い続けると、真皮のレベルにも変化が現れるのだそうで、お肌にぷるるんと弾力が出て、縮緬ジワが確実に減るらしい。
そして、老化によってくすんだ肌が本来の血色を取り戻して、薔薇色の若々しいお肌に戻るのだとか。

実は私、かなり昔からトレチノインを使っているけど、口角炎が必ずできるので数日間使用して、顔の皮が向け始めたら使用をやめ、そしてある程度お肌が落ち着いたらまた使用を開始する、という独自の使用方法でした。

一応、こんな使用方法でも継続的に使ってはいるんだけど、オバジのように本当に毎日のスキンケアの一環として使ったことは初めてなので、やっぱり毎日使った方が生理作用は弱くても効果はあるのではないかと。

トレチノインを使う目的は、当然小じわ対策。

オバジを1本使い切ったところでまだ3ヶ月。

ここでやめては小じわ対策にならないわけです。

悩みの口角炎ができないと分かれば使い続けることに何も問題はないので、これからも継続して使ってみて、お肌をトレチノインで若返らせることができるのかやってみます。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

2 Comments

-  

こんにちは。
私もトレチノイン使い続けると、すぐに口角炎や薄いところが痒くなったり
…作用が強いんだなと思って、やめます。

オルビスにもレチノールの美容液があって、これは15年くらい使ってました。
しわ、ありませんよ。ええ。
でも、トレチノインのほうが効果があるんだ!レチノール意味ないのかも、と思って
ここ1年くらいは使ってなかったんですけど。
ただそういえば、どんな皮膚が敏感にかたむいてても、これでトラブルが出ることはなかったんです。
ということは、トレチノインが強すぎる薄い肌には、レチノールを継続してったほうが
ダメージなく、安全かつ効果が高いのかもしれませんね。
アップダウンがないというか、ゆーっくりアップし続けというか。

オバジも同じようなものかも。

オルビスのは5000円なんですけどね、でもセールうまく使えば¥3500くらいになりますよ。
似てるかどうか成分見てみようと思います。
いつもヒントをありがとうございます。

2017/04/12 (Wed) 09:18 | EDIT | REPLY |   

-  

追記なんですけれど

化粧品は角質層まで、という例のアレ。
でも、角質が奇麗じゃなきゃ、肌はきれいに潤ってみずみずしく若くいられないですよね。
だから、角質に効果がある物質をおぎなったり、自分で作りだしたりしなければ
ならない、とは常に思ってました。

ホホバオイルとか、マカデミアナッツオイルとか、角質をふっくらさせて、
その上からワセリンでふた。

ってやってたんですけど。

某かずのすけ先生も、某先生が言われるようにほんとにワセリンだけだと、角質がふっくらしないのでインナードライ肌になる(うろおぼえです)という意味のことを言われていたとひっかかってました。
私も、ほんとにワセリンだけでいいのは、若いうちだけなんじゃないのかなあと
思ってました、食べるものでがんばっていたとしても、あと一歩、補えないですよね。
もののない時代じゃあるまいし、安価なオイルもので気軽に続くんだったら、そこまでストイックにならなくてもいいんじゃないかな、と、

なので、バニシングオイルといわれるほど浸透力の高いマカデミアナッツにオルビスのレチノールを混ぜて、つけてみよう、と今思い立ちました。

といっても、精製されてないマカデミアではかゆくなるんで、いま購入まちです。

またご意見お聞かせくださいね。
いつもたくさんのヒントをありがとうございます。

とりあえず今日は、サウナ上がりにつけてみよう、しまってあったオルビスレチノール。ホットヨガなどあたためのあとは、角質層にも吸収がよいはずですよね。
道子様もぜひ☆彡


2017/04/12 (Wed) 09:30 | EDIT | REPLY |   

Add your comment