美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

今年は花粉飛んでないの??花粉症が治った気がする。その理由とは?

2017
20
もうすぐゴールデンウィーク。

花粉症な私にとって、ゴールデンウィークとは、「これでやっと目のかゆみとマスクから解放されるヽ(≧∀≦)ノ」という指針にもなる時期でもあり、かつ、休みにもなる、という一石二鳥な嬉しい時期なんです。

ところが。

今年って花粉は飛んでなかったのかな?

って思うくらい、花粉症の症状がほぼゼロに近かった。

いや、正確にはあったんだよ、目のかゆみが。

あれは確か、2月の初め頃だったかな?

朝起きたときに目がかゆい。

お風呂に入って顔を洗うと目がかゆい。←これが一番やっかい。

という症状に、通算で3〜5日間程度?襲われたけど、それ以外はほぼ目のかゆみはなし。

去年までは当然のことながら日中も目のかゆみを抑えるアレルギー用の目薬必須だし、アレルギー用のアイボンも毎晩必須。

マスクは当然だけど、鼻セレブも必須だし、アレルギー用の薬も必須。

私の場合、花粉症のこれらの症状が出始めるのが3月になってからで、桜が咲く頃にピークになる。

ところが、今年は目が痒くなるのが例年よりも早くて、2月の初旬ごろから目をゴシゴシとこするようになったので、花粉の飛散量が今年は多そうだと覚悟していたのです。

桜が咲く頃にはどうなっちゃうんだろうと心配していたのに、最初の数日間だけで後はほぼ無症状。

アレルギー用の目薬もアイボンも必要なし。

当然だけど、薬も飲んでないどころか買ってもいないし、マスクも4月に入ってからは寒い日のための防寒用として以外はつけてない。

これって・・・

もしかして・・・

花粉症治ったんじゃね??

と、思うわけですよ。

でも、まさか・・という思いもあるし、念のために2017年の花粉飛散情報(エスエス製薬)を確認してみると、

17年春のスギやヒノキの花粉飛散量は、西日本では昨年の2倍から4倍、東日本は0.8倍から1.1倍になる見込みです



とある。

つまり、東日本は昨年よりもちょっと少ない程度か同じくらいな飛散量なわけです。

にもかかわらず、私は今年は花粉症の症状はなかったと思ってしまうほど軽かった。

もし花粉症の症状を和らげた原因があったとしたら、思い当たるのは、

生甘酒を飲み始めてかれこれ3年以上経つから

⑵ヤクルト飲み始めて1年以上経つから

のどちらかだと思う。

それしか考えられない。

そういえば、私の真似して生甘酒を飲み始めた姉が、毎年2月になる前に病院に行って花粉症の薬をもらって飲んでいたのに、今年は軽いと言っていた。

しかも姉は去年から私よりも熱心に生甘酒を飲んでいて、そのおかげで疲れにくくなったとも言っていた。

とにかく、今年は花粉症の症状がほぼ出なかったので目をごしごしこすることもないので目周りにシワができてしまうと気にすることもなく、快適な桜の季節を迎えることができたのです。

やっぱり花粉症が治ったんだろうか。

一度花粉症になると治らないと言われているらしいので、治ったのではなく症状が出なくなったというのが正しい言い方かもしれないけど、もし本当に今年も花粉が例年並みに飛んでいたのなら、確実に私の花粉症は軽くなっている。

生甘酒とヤクルト。

この2つについて、明日もう一度検証します。






関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment