美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

【肌再生医療】半年後のおでこの丸み

2017
20
2016年10月にRDクリニックにて全顔治療を受けてから半年が経過。

おでこのシワが目立たなくなってくる時になってくるのがおでこの凸凹感。

肉厚な丸みのあるおでこに憧れるようになる。

おでこに細胞を移植するのは昨年が初めてではなく、2015年も全顔治療したので少しは細胞が増えているはず。

それでもおでこのシワを改善するのってなかなか大変で、全顔2回目&おでこ念入りにしてやっとなんとか満足できる結果になってきました。

シワが改善されるということは、おでこ自体の細胞数も着実に増えているということになり、おでこ全体もしっかりと丸みが出てきても良さそうなんだけど、これまたなかなか効果が見えにくい。

そもそも、おでこには皮下脂肪が少ない(ほぼない?)から加齢とともに細胞が減少してコラーゲンなどの生成能力が落ちるとモロに骨の形が浮き彫りになって凸凹としたおでこになってしまう。

細胞が増えて皮膚に厚みが出てくると肌に弾力が戻り、おでこの丸みある程度は復活するとは思うんだけど。

私のおでこはどうだろう?
20170620172157b8c.jpg

若干凸凹感は改善されたような気もする。

皮膚に厚みがでてきたような・・・

気もする。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment