美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

難消化性デキストリンとオルリファストの併用約3週間後の変化

2017
23
食べた脂肪を30%カットして排出してくれるFDA認可のダイエット薬のオルリファスト(ゼニカル)による副作用の下痢症状を和らげる目的で、一緒に飲み始めた水溶性食物繊維でトクホに認定されている難消化性デキストリンを飲み始めて約3週間が経ちました。

そもそも、私の場合はオルリファストによる下痢症状というのはほとんどなく、食物繊維を併用したらお尻から出る油を吸い取って、液体として油が出るのを抑えてくれるのではないかと期待してデキストリンを飲み始めたのだけど、それは期待外れで、おしりから油が出る作用に関しては全く変化なし。

ただ、調べてみるとデキストリンには血糖の上昇を抑える効果とかのダイエット効果が盛りだくさんなわけです。

そこで、かなりの期待を込めてオルリファストと併用することにしたのだけど、デキストリンを飲み始めて2週間くらいは特に便の量が増えたとかいうこともなく、むしろデキストリンを飲まない方がオルリファストの影響でびっくりするくらいの量がでていた。

強いて言えば、お腹が空きにくくなったかな・・?くらいの変化で体重も減るわけでもなく。

ただ、2週間を過ぎたあたりから、徐々に便の量が増えるというか、とにかくスムーズな排便で、スムーズすぎて出たのか出てないのかわからないくらいになり、3週間目になる頃(最近)には明らかに便の量が増えて体重も減り始めました。

体重が減るといっても、今までと違うところは

今まで→外食→体重が増える→2日後くらいに油排出→体重が元に戻る

だったのが、

外食→体重は変わらない→油とともに大量の排便→徐々に体重が減る

みたいな感じです。

なので難消化性デキストリンは今後も飲み続けます。

最初に買った400グラムがそろそろなくなるので、思い切って1.7キロのデキストリンを購入。
20170623135505064.jpg

送料を無料にするために難消化性デキストリンの1.7kgを2袋買いました。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment