美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

鼻の毛穴への肌再生医療

2017
02
本日もご質問に順に回答して行きますシリーズです。

鼻の毛穴に移植治療を相談されるというような内容があったと記憶していますが、やはりお辞めになったのでしょうか?私も鼻の毛穴は気になり、カーボンレーザーをしたりしています。



そうそう。

2016年の肌再生医療の目的のメインはクレーターのように開いてしまった毛穴の改善。

1番の目的は頬(目の下〜鼻の横周辺)だったんだけど、鼻自体の毛穴の開きも昔から気になっていた。

時々、ツルンとしたピカピカの毛穴レスの鼻の人いますよね。

あんな感じに少しでも近づけるのかな、と思っていました。

ところが、いざ、治療します!って日になった時、全顔治療に鼻は入っておらず、顔に麻酔を塗ってもらっている時に鼻には麻酔を塗らないので、もしかして、鼻は除外?って思ったわけです。

なんせ、私は初北條先生の治療で、当時は予約がなかなか取れず、治療をすると決めてから実際の治療日まで2ヶ月近く待ったのです。

なのでカウンセリング当日の治療になり、しかも相手は北條先生。

カリスマ美容師のように、こちらが多くを語らずともパッと見てどこに細胞移植した方がいいかはわかってしまうし、実際に細かいことを言わなくても細かいところまで治療してくれました。

だがしかし。

鼻への麻酔がなかったので、麻酔を塗ってくれている看護師さんに、「鼻って治療する人います?」とさりげなく聞いたところ、あまり前例がないとのこと。

前例がなくてもこちらが希望すれば治療はしてくれるんだろうけど、その分他の部位に使う細胞が減ってしまう。

看護師さん曰く、鼻は毛穴の開き問題はあるけど、シワやたるみの出る部位ではないので毛穴のためだけに治療するのはなんだかもったいないですよね、と。

確かに、頬の毛穴に治療すればゴルゴラインも自然と消えるし、ほうれい線の治療をすれば小鼻の毛穴の開きが改善されたし。

どうせやるならたるみやシワが気になる箇所で、その副産物として毛穴の開きが改善される、というのが王道のよう。

と、いうわけで、私は鼻の毛穴には治療をしなかったのです。

でも、確か以前に読者様で鼻の毛穴には治療したとコメントくださった方がいらっしゃいました。

まだブログを読まれていたら、その後の経過を教えてくださーい。




関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/02 (Wed) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Add your comment