FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

シミとか毛穴とかゴルゴラインとかの変化

2017
21
年末から全顔にトレチノインを塗り始め、(正確には最初はオバジのレチノールで、トレチノインの生理作用の100分の1程度の効果しかないと言われています)ただいまトレチノイン2本目に突入中。

最近肌の調子が良くて、ツルッとツヤツヤで(これはトレチノインを使っているときはいつものことなんだけど)、なんだか色が白くなって、肌のキメが整ってきたように思います。

トレチノインを使うことによる肌への効果は、以下の通りです。

トレチノイン(レチノイン酸)の皮膚に対する作用には以下のようなものがあります。

角質をはがします。
表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促します。
(約2週間で表皮が置き換えられます。)
皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます。
真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には、皮膚の張り、小じわの改善をもたらします。
表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします。
(出典:美容医学への扉)



これらの効果を感じられるようになるには、継続して半年以上の使用が推奨されていて、私も最初のレチノールの期間を抜いてたとしても半年くらいにはなるのかな?

特に劇的な変化があるわけではないけれど、なんとなくシミが目立たなくなってきたような気がするし、毛穴の開きも改善されてきていると思うので写真撮ってみました。
201708211222384d3.jpg

上が今年の6月で、下が昨日。

わかりずらいけど、右の写真の頬ボネの辺りにわーっとあるシミ?肝斑?が気持ち薄くなってきたような気がする。

左の写真はシミが薄くなったことはよくわからないけど、ゴルゴラインが消えた。

そして左右ともに肌のキメが整ってきて、毛穴がなんとなく目立たなくなってきているように見えるんだけども。

ゴルゴラインや毛穴については肌再生医療の効果というのがメインだとは思うけど、トレチノインによる効果も何かあるような気もする。

相乗効果でより効果が高くなればどっちが効いていても私としては満足。

まだまだ毛穴レスな綺麗なお肌には程遠いけど、なんか最近お肌の調子がいい感じです。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment