FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

すぐ取れた!原因はプレパレーション?もう一度全ての工程を見直そう。

2017
13
前回アップした”秋色マスタードバイカラーネイル”ですが、たった3日でポロポロと面白いように剥がれ落ちました。

最初は薬指から、そして中指、コバエが飛んでいたのでパンっと叩いたら人差し指のジェルがぽろっと取れ、最後は強制的に親指と小指も自分で取ってしまいました。

それにしても、本当に綺麗にぽろっと丸ごと取れた。

オフいらずでが楽といえば楽なんだけど、3日で取れるのはちょっと早い。

やっぱりクリストリオって取れるの早い。早すぎる。

だからといって今後リフトするのはクリストリオのジェルが悪いんだということにして、クリストリオを封印するには在庫がたくさんありすぎて困るので、初心に戻り、ジェルをつける前のプレパレーションの方法から見直したいと思います。

【自己流プレパレーション】

①甘皮処理はマヴァペンでお手軽に処理。

②その後、ジェルをつける前の自爪に100均で買ったノンアセトンのリムーバーで爪の油分を拭き取る。

OPIのボンデックスでプレプライマーする。


と、まあ、こんな感じです。

OPIのボンデックスはアクリルネイルでスカルプチャーを作るときに自爪との接着をよくするもので、ジェルネイル用ではないのだけど、接着を強めるってところに惹かれて使ってます。

でも、このボンデックスをもってしても、クリストリオのリフト能力には勝てません。(笑)

【正統派のプレパレーション】
初心者必見!プロが教えるセルフジェルネイルを参照しています。


①手の消毒→消毒用エタノールやアルコールで手の甲から指先、指の間、手のひらまでしっかり消毒。

②爪の長さ、形を整える

③甘皮ケア

④サンディング(自爪のツヤ取り)→180グリットのスポンジバッファーを使って自爪表面のツヤを取る。

⑤ダスト(削り粉)を払う

⑥爪の消毒 →キッチンペーパー(もしくはワイプ)に消毒用エタノールを含ませ爪表面、エッジ(爪の先端の断面)を拭きます。

⑦ 爪表面の水分油分を除去 →プレプライマーまたはジェルクレンザーをキッチンペーパー(ワイプ)に含ませ爪表面、エッジ(爪の先端の断面)を拭きます。

と、しっかりやるとこんな感じで工程が多くなります。

私のやり方と比較すると、①の最初の手の消毒、④のサンディングが抜けてるけど、1番の改善点は⑦の爪表面の水分油分を除去の時に使っているのが100均で買ったノンアセトンの除光液(つまり、未硬化ジェルを拭き取るのと同じもの)を使っているのがいけないのではないかと気づく。

そういえば、最初はちゃんとカルジェルの専用のカルガードという地爪の余分な水分や油分を除去するものを使っていたんだけど、使い切ってしまってからずーっと未硬化ジェルを拭き取るクリーナーで兼用してしまっていた。

これはやっぱり1番の問題はここかな、と思います。

とにかくリフトするのはクリストリオだけなので、クリストリオ専用のワイピングソリューションがいいのかな、と思い調べてみたところ、475mlで約5000円とかするし、高い。

だったら、カルガードのほうが600mlで約2000円と断然お得だし、品質も安心。

で、これらの代用ができるものがないものかといろいろ調べてみたところ、エタノールがいいのではないかというネットの情報を発見。

今からいろいろ調べてみます。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment