美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

れんげ化粧水をシリコンマスクでパックすることにした。

2017
06
いつも電車の中で暇つぶしで見ているグノシーで、気になる記事を発見→【検証】1カ月以上、毎日「シートマスク+100均のシリコン製マスク」を推奨時間以上パックし続けた結果 / 総費用は900円だけ!!


これ、試しているのは男の人なんだけど、結果のBefore&AfterではAfterのほうが明らかに肌ツヤがよく、顔色が明るくなって、肌が全体的にふっくらしていてほうれい線や小じわが目立たなくなっているのがわかる。

普段シートマスクとかしないけど、これは真似るべきでしょ。

というわけで、早速100均でシリコンマスクを購入。
20171005140414400.jpg

これはセパレートタイプで、顔の上半分と下半分とが別れているタイプ。

パックするのはもちろんれんげ化粧水です。

れんげ化粧水は、1日中ノーファンデで、常にれんげ化粧水を顔につけていることが推奨されています。
以前、れんげの店員さんには、3時間おきにたっぷりと顔につけてください、と言われました。

でも今は朝と夜以外の日中にれんげを顔につけることはないので、今回のグノシーの記事を読んで、これならできるかも!と思ったわけです。

ただ、過去にれんげでのコットンパックを何度か試みたけど、れんげの成分のせいなのか、コットンが軋んで一般的な化粧水でのコットンパックのようにコットンがびっしょりとひたひたした感じにならなかったので、それ以来コットンパックを諦めて、れんげの店員さんに言われた通りに手の指でひたすら顔にひたひたとつける方法のみ行ってきました。

なので今回もシートマスクは使わずに、直接顔にれんげ化粧水をたっぷりとつけて、その上から乾燥しないようにシリコンマスクをするという方法でやってみました。

ところが、なんと昨日は全顔トレチノインによる顔の皮剥けでれんげがしみてしみて。

先週、甥っ子の運動会だったのでトレチノインを使うのを1週間ほどお休みしていて、日曜日から再度、全顔にトレチノインをぬっていて、ちょうど皮が剥け始めたところだったんだけど、とにかくれんげがしみて痛い。

全顔にトレチノインを使い始めて、そろそろ10ヶ月が経過するけど、全然耐性ができない。

耐性がができてトレチノインが効かなくなるどころか、1週間お休みしただけで、再開した途端に初めて使った時のような刺激が。

それでも我慢しながられんげをたっぷりつけてシリコンマスクをし、がまんができなくなって30分くらいではずして、ハイドロキノンを塗ったところ、またもや刺激痛。

痛くて無理…

そんなわけで、初日からグノシーの記事のように継続して使い続けられるのか不安要素がたっぷりですが、シリコンマスク買っちゃったし、なんといってもAfterの肌ツヤの良さが気になるので、めげずに試して見たいと思います。

今朝はれんげをつけてもトレチノインによる皮剥けの刺激はなかったので、今夜再びチャンレンジします。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

こんにちは、よいお天気ですね。

道子様、皮膚は皮脂は多め?保護膜になる皮脂膜がちゃんとしているかですけど
これが分厚ければ、いいと思いますけども

れんげはサリチル酸なので、湿布状態はまずいのでは。
お肌、つまり皮脂膜、角質、どんどん取っちゃいますよ。
ものすごい敏感肌になりますよ。
トレチノインもやってるし…

ショック療法に近いものを感じます。私は怖いです。
シリコンでマスクして保持できて美肌に効果があったのは水分だと思うんですけど
だから、れんげでは意味が違うと思うんですけど。

大丈夫かな?やけど状態みたいにならないことを祈ります。

2017/10/07 (Sat) 13:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment