FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

治療から1年経過。 2017年度の治療は・・・

2017
27
2016年10月末に5回目の肌再生の治療を受けてからあっという間に1年が経過しました。

今回は今までとは違い、初の北條先生のゴッドハンドによる治療ということもあり、過去に何度か治療したけどなかなか効果が出なかったおでこのシワもバッチリ改善。

もう5回も治療してるし、今年はおでこのシワも改善したし、頬の毛穴の開きも改善したし、ゴルゴラインも改善したし、フェイスラインも丸く整ったし、もう治療しなくてもいっかーとか思ってみたりもしている。

そもそも、私の細胞はバンク60という初期のプランなので、約60ccの細胞を移植できるわけで、現在までに、14cc程度使っているので残りは46cc。

つまりは、全顔4ccの治療をあと11回はできるわけで、しかもその細胞年齢は2012年のまま。

あと11年毎年全顔治療し続けるかどうかはわからないけど、そのうちアンチエイジングとかに興味なくなって、見た目とかどうでもよいとか思うようになってしまうかもしれないし、顔を見て”老けたなー”と感じるのやだと思う間は、毎年継続してメンテナンス受け続けるのもアリではないかと。

そもそも、効くか効かないかよくわからない高額な化粧品とか、効果が出るまでに何度も通わなければならない美肌レーザー系に時間とお金を使うのならば、確実に1度で効果を実感できる肌再生医療ならトータルで考えた時にお金かからないはず、という当初の自分なりのポリシーというか、理論というか、があったのだけど、それは1度の治療で終わっていたら、の話で、結局毎年治療しているのでそれなりのお金はかかっているのだけど、それでも効果が出ている分、もっと治療すればもっとよくなるかも、みたいな欲が出てくるので仕方がないのかな。

ま、いいんだけど。

自己満足のための治療だよね、結局は。

見た目が年齢とともに老けても別に誰にも迷惑かけてないし、逆にシワやたるみが減ったとしても誰かの特になっているわけではなく、全て自分のため。

そんなわけで、2017年度の治療候補部位です。

おでこの凹み。
201710261341312c3.jpg

中心部分にあったシワは改善されて満足なんだけど、シワに目が行かなくなったら今度はおでこの中心部分が横一列に凹んでいるっぽいのが気になりだした。

写真を暗転?させるとよくわかります。
20171026134130048.png
白い発光部分が眉毛で、盛り上がっている部分。

眉毛のすぐ上の黒い影になっている部分が凹んでいる部分。

今度はここに丸みを持たせるようにできないだろうか。

1年経ったのでそろそろ検診に行くので、相談してみよ。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/10/26 (Thu) 20:36 | EDIT | REPLY |   

Add your comment