FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

今年もやるぞ。肌再生。

2017
09
毎年恒例の肌再生医療によるアンチエイジング治療。

初めて治療をしたのは2012年2月でした。

あの時は、肌再生医療の一度の治療費が高額でも、確実に効果が出るのであれば、将来的にかかるであろう化粧品代やエステ代、レーザーなどの美容皮膚科代、さらにはシワやたるみが気になって悩むという自分へのストレスと比べれば、悩みが解消されて日々のお手入れが楽になる&ストレスフリーな生活を手に入れることができるならば、決して肌再生医療の治療費は高くないと自分に言い聞かせていたっけ。

実際に効果は抜群で満足してるし、だんだんと自分の顔が老けていくことへのストレスはフリーだし、とにかく化粧品にお金がかからないし、この年(アラフォー)でノーファンデでウロウロできる素晴らしさ(自己満足だけど)を実感できているし、本当にやってよかったと心から思う。

だがしかし。

当初の予定は1度だけだったんだよ。

なのに、毎年恒例行事のように肌再生の治療を受け、その都度気になる箇所が改善されていくことの喜びを味わってしまったらもうやめられません。

ほうれい線、まぶたのくぼみ、フェイスラインのたるみ、頬のこけ、目尻のシワ、おでこのシワ、ゴルゴライン、毛穴の開き、のほぼ全顔を網羅して、大体の気になっていたシワやたるみが改善されて、これ以上の改善部位はもうなくなった。

はずだったのに、探せば、、、いや、探さなくてもちゃんと気になる部位が出てきました。

何故こうも毎年毎年気になる部位が出現するのか。。。

先日、学生時代の友人数人と食事をした時、みんなそれなりに年取って、お肌の透明感もなくなってきているような気もするし、目尻のシワもできているけど、でも全然変わらないな、という印象。

私なんて、こんなに毎年肌再生の治療をしているのにみんなと同じレベルで変わらない。

人によって老化の速度は違うけど、なんだかちょっと悔しいような。

さて。

そんなわけで、今年もやります肌再生。

2017年の肌再生の治療のメインは

①こめかみ
②おでこの凹み
③目尻の肌のハリ

です。

ちょいちょいこのブログでも、コメカミの骨っぽさというか、皮膚の薄さみたいなものが気になると言及してきました。

おでこのシワやおでこの丸みがなくなるように、コメカミもやはり加齢とともに皮膚の弾力が減って痩せていく部分です。

ちなみに、私のコメカミは以前と比べて皮膚の弾力が減っているのか?気になったので、過去の写真と比較して見ました。

2017110917362230c.jpeg

2012年は肌再生の治療を始めた年。

この年はほうれい線のみの治療です。

2013年は頬のこけの治療をした年。

やはり頬のこけのみの1部位の治療です。

やっぱりコメカミは痩せていっている。

しかも、まぶたも治療しているにもかかわらず、5年前の治療前と比べると若干くぼみ気味。

目周りって本当に加齢が出ます。

コメカミが痩せると余った皮膚や筋肉が下がり、まぶたを重くし、目が小さくなってタレ目になるのだとか。

やばい。

きてます。

目周りの改善には、治療をまぶたにだけに集中しないでコメカミにも細胞を移植した方が早いかもしれないね。

今年はコメカミ、決めました。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/12 (Sun) 21:56 | EDIT | REPLY |   

Add your comment