美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ヒアルロン酸注入をしている時の細胞注入

2018
17
外が暖かくなっていい季節だわ〜😊と思ったら、電車の中はクーラーガンガンで寒い❄️

せっかく素足にサンダル履ける季節になったのに、電車やレストランなどのお店の中が寒くて凍える。

そんなにクーラーガンガンにつける必要あるのかね?

おかげで半袖着てるのにインナーはヒートテックが欠かせません。

さて、本日は肌再生の治療についてご質問いただきましたので、お返事です。

こちらのblogで肌細胞注入に興味を持ち、私もぜひやってみたいと思いました。
ただ、ゴルゴライン部分や頬のあたりにヒアルロン酸注入をしています。
どれぐらいの感覚を空ければ、よいものか美女道子様は分かりますか。



私のヒアルロン酸注入経験はを唇をぷっくりさせることのみなので、正確なお答えではないのですが、こうではないか、と自分で思った範囲でお答えします。

でも、1番いいのはとにかく無料カウンセリングに行ってみることだと思います。

RDクリニックは5月31日までに無料カウンセリングを受けるだけで通常よりも移植費用が57,500円も安くなる春得キャンペーンなので、今カウンセリングさえ受けておけば、移植の日が数ヶ月後とかになっても大丈夫なはず。

これから私が書くことはあくまでも素人考えなので、無料カウンセリングが絶対おすすめです。

さて、そんなわけで、ヒアルロン酸注入をしている場合に細胞移植を受ける時の間隔について、です。

これは私よりも実際にヒアルロン酸注入をされている方の方が詳しいとは思うのですが、一般的にはヒアルロン酸注入の効果は約半年と言われています。

ヒアルロン酸は表皮と真皮の間に注入するので、真皮に細胞を移植させる肌再生医療の場合、当然その間にあるヒアルロン酸が邪魔になります。

ヒアルロン酸が少しでも表皮と真皮の間に残っていると、全ての細胞を無駄なく真皮内に移植できる可能性は減ってしまうのではないかと思うのです。

細胞を移植してもらっている時、先生は本当に軽く、ちょんちょんちょんちょん、みたいなリズムで注射器で細胞を移植していくので、真皮の上にヒアルロン酸があるとうまく細胞を移植できないはず。

私なら、万全を期して、ヒアルロン酸注入後8ヶ月後くらいに細胞移植するかも。

半年ではまだヒアルロン酸が残っている場合もあるかもしれないし、うまく定着しなかったら細胞が勿体無い。

ヒアルロン酸注入になれてしまうと、肌再生の場合は即効性に欠けるので治療直後は物足りなく感じたり、今までヒアルロン酸でふっくらしていた部分が一時的にせよ元に戻ってしまうわけなので自分の顔に対して不満に感じるかもしれませんが、3ヶ月〜半年が経過すると毎日鏡を見るのが楽しくなるような変化を感じられるし、その効果は1年以上、長い人だと5年とか7年とかも続くわけなのでヒアルロン酸とは比べ物にならないほどの満足感を得られると思います。

とにかく、まずは無料カウンセリングにぜひ❗️
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment