美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

顔にダーマローラービューティーマウス

2018
21
目元のみに麻酔なしで医療用のダーマローラー MC415を転がすことを日々のスキンケアに取り入れることにしたものの、想像以上に麻酔なしは痛くて続けられるかどうか微妙…

そこで思い出したのがボディー用のダーマローラービューティーマウス
ビューティマウスアップ

このビューティーマウスは針の長さが0.2mmと短く、真皮に到達しない長さで非常に小さいため、刺激や痛みなどは少なめで、皮膚下の血行を改善し、セルライトや肉割れ線の除去に使用するためのホームケア用品。

これなら顔に転がしてもそんなに痛くはないのではないかと思い、早速やってみたけど、まあまあ痛いです。

たしかにMC415に比べたら痛いは和らぐけど、やっぱり痛い事は痛い。

しかも、ボディー用はローラーが3つあり、名前の通りのマウス型。

目元のみに転がすのはなかなか難しく、頬やおでこなどの顔の部位でも比較的広範囲な箇所なら転がしやすいけど、
目元をピンポイントで狙うには、3つあるうちの1つのローラーを使うしかなく、なんかやりにくい。

痛みもないわけではないし、それならばやっぱり痛いのを我慢してMC415の医療用ダーマローラーを転がす方効果が高いのかな、なんて気もするけど。

確か、ビューティーマウスを初めて太ももにコロコロした時も痛かったのを思い出した。

でも、その内慣れて、気がついたら全然平気になっていて、最近では力を入れてコロコロしても全然平気。

顔へのダーマローラーもそのうち慣れるのかもしれない。

力加減など、様子を見ながらやっぱり目元へのダーマローラーは続けます。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment