FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

2012年1月(肌再生治療前)のおでこと現在のおでこ

2018
03
昨日は半年後の検診のためにRDクリニックへ行ってきました。

それにしても暑い。。。

ちょっと動くとドバーッと汗が出るので、飲み物ばっか飲んでる。

しかも、ほぼ一気飲み。

午前中にアイスカフェオレを、昼食後にはローソンのマチカフェフローズンのオレンジを、検診で訪れたRDクリニックで出して頂いた冷たい緑茶を、さらに夕方にはマックシェイクのストロベリーを一気飲み。

カロリーオーバー。

夕飯は控えめにそうめんにしました。

さて。

昨日のRDクリニックでの検診では一番最初の、ほうれい線治療の前に撮った2012年1月の写真と、本日、2018年8月写真とを比較してきました。

つまり、6年半前です。

結論から言うと、

「変わらない」

でした。

個人的には今の顔の方が好き。

かも。

なんだ変わんねーのかよ、って思うでしょ?

ところが、30代後半から40代前半にかけての顔の変化(老化)っていうのは本当に激しくて、1年ぶりくらいにあった友人が、びっくりするくらい老けていた…なんてことも珍しくないんです。

この間、白髪染めを始めたりする人もいるし、とにかく一番変化の出やすい年齢期であるのは間違いない。

ところがわたくし、変わっておりませんんでした。

これはもう、肌再生治療のおかげ以外はないわけです。

手元にRDクリニックの一眼レフ(?)で写した2012年の治療前の写真があるので、その写真と現在を比較してみました。

ちなみに、現在の写真はiPhone8で撮ったものなので、一眼レフにはかないませんが、それなりの画素数で撮れているはず。

20180803160426618.jpeg

おでこはなんか、2018年の現在の方が中央に丸みが出て綺麗なおでこラインのような気がするし、実際にこの1ヶ月くらいでおでこのラインがなんか変わってきたなという実感はあるのです。

目元
2018080316042808c.jpeg

検診で先生にも指摘されたけど、やっぱりまだまぶたのくぼみがあるんです。

2012年と比べて、だけど。

それでもこの2週間くらいでまつげ育毛剤を使わなくなったことでだいぶ改善されてきてはいるんだけどね

まぶたのくぼみは2012年の頃と比べたらやはり若干凹んでるけど、まぶたのたるみは2012年よりも現在の方がすっきりしている。

まぶたは窪んだけどたるんでないという不思議な現象が起きているけど、まぶたのくぼみは近々もっと改善されるだろうと思うので気にしない。

とにかく、2012年とほぼ変わらない顔でした。

これが肌再生の治療を受けている人の特徴だそうです。


つまり、変わらない。

ということ。

これ大事。

歳を取るほど変わらないっていうのがいちばん大事だし、難しい。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/09 (Thu) 18:09 | EDIT | REPLY |   

Add your comment