FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

肋骨を締めるとなぜくびれができる?

2018
22
今日も元気にコルセットつけてる美女道子です。

コルセット装着時には前から見たらウエストが細くて胸もバーンとなって(コルセットで持ち上げられるから)スタイルいい人になれるけど、横から見たら妊婦さん問題は解決せず。

しばらくはボディにフィットするような服を着るのをやめようかと思います。

さて。

友人から聞いて始めたコルセットダイエット。

なんといってもコルセットがお手軽価格だったことが食いついたポイントだったわけですが、調べてみると奥が深い。

コレ↓、使ってます。
Burvogueコルセット24P強化スチールボーン XXS-XXL

そもそも、なぜにコルセットで肋骨を締めるとウエストにくびれができるのか。

最初は、単なる贅肉の形状記憶を利用したものだと思っていたのだけど、そんな単純な話ではなく。

肋骨というのはいわゆる‘あばら骨’です。

肋骨は両側に12本ずつ、計24本で、肺や肝臓などの胸の周りにある内臓を守っている骨のこと。

コルセットで肋骨を締めるといった時、どこを締めているのかというと、下から4〜5本の肋骨のことです。
20180822181950431.jpeg

ちょうどコルセットを付ける位置は上の図では下から4本目くらいのところになるのではないかと。

図のように下に広がった状態の肋骨では、ウエスト(正確には骨盤)までの数センチの間に急にくびれさせるのは難しいので、いわゆる”寸胴“体型になってしまうのだけど、肋骨の下の数本の時点で内側に締めておけば、自然とくびれが誕生するということなのです。

だからコルセットで肋骨を締めるのです。

だから肋骨を開いたままでウエストだけぎゅーぎゅー締めても全然意味がなかった。

なるほど。

やっと理解できた。



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment