FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

洗顔できない時こそれんげ化粧水でスキンケア

2018
04
こんにちは。

美女道子です。

今日は暖かいので片道1時間くらいかけてちょっと遠くのスーパーまで買い物に行きました。

往復2時間程度の歩行なら余裕でできるくらいに回復してます。

ただ、まだ腫瘍の病理検査の結果が出ていないので場合によっては今後化学療法の治療を行う可能性もあるかと思うと気がめいるのですが、天気がいいと、きっと大丈夫、絶対大丈夫、と思えるので不思議。

良い方向に向かっている自分を想像すれば、本当にそのようになるから大丈夫と自分に言い聞かせて音楽を聴きながら歩いてきました。

さて。

10月の初めに病院で卵巣腫瘍だと診断されてからの1ヶ月間は、病院の検査に行く以外は1歩も外に出ないという生活でした。

緊急入院したのが10月末ごろなので、ほぼ1ヶ月間は自宅のベッドで寝たきり状態。

最初の1週間は朝昼晩の食事とトイレ、お風呂のためにベッドから出て必要最低限の活動で生活を送っていたものの、症状がひどくなるにつれて体を動かすと咳が出るのでトイレ以外では起き上がれず、お風呂も2日1度、3日1度と間隔が空いていきました。

食事は家の人にベッドサイドまで運んでもらい、寝た状態でおかゆやヨーグルト、プリンなどを少量食べるのみで、あとはポカリスエットと野菜ジュースを常備して栄養補給をしていました。

そんな感じなので、当然スキンケアなんて二の次。

お風呂に入らなくても垢で死んだ人はいない、そんなことよりも呼吸が苦しいんだよ、みたいな精神状態だったのだけど、でもやっぱり顔を触ると皮脂汚れでザラザラするのは気になるし、鼻に角栓ができるのも気になったのです。

病気になる前のスキンケアは、友人が転職したという香港の日本未入荷のスキンケアブランドの商品を一式もらったこともあり、それを使っていました。

ただ、洗顔もできない状態になった時に、ふと思ったのが、

そういえば、れんげ化粧水なら洗顔しなくても重ねづけすればいいし、今ならお化粧してないし、1歩も外に出ないので日焼け止め塗ることもないし、むしろ洗顔しないでれんげ化粧水だけをひたすら重ね付けすることを提唱してる化粧水なのだから、いまのこの顔も洗うことができない状態はれんげ化粧水の教えをひたすら守ってスキンケアを行う絶好のチャンスではないか。

と思ったわけです。

そこで、友人からのラインを読む気力もなく、そもそも携帯をいじる気力もなかったにもかかわらず、小鼻のざらつきとおでこの手触りのぶつぶつは気になっていたので、気力を振り絞り、寝ながらスマホでレンゲを注文。

我ながら美容にかける気力はすごいと思った。

いつの間にか900円(税抜き)から1000円に値上がりしていたれんげ化粧水をとりあえず5本注文しました。

れんげが到着後はベッドの枕元に置いて、いつでも蓮華をつけられる状態にスタンバイ。

ところが、日増しに悪くなる体調のせいで、寝たままの状態で首だけ持ち上げて水分補給する状態がやっとの体にはれんげのキャップをねじって開けることも一仕事。

ましてや手のひらに化粧水を出して1日に何度も顔につける気力がなかった。

なので自宅で寝たきりの日々から入院、手術までの日々では2日一度、3日一度のペースでれんげを顔につけるのがやっとでした。

検診に訪れた際に緊急入院したため、着の身着のままで入院し、家族に着替えやら何やら持ってきてもらった時にも、病室は乾燥するから、と持ち物リストの中にちゃっかりれんげを入れていたにもかかわらず、入院〜手術後3日まではずっと鼻から酸素を吸入するチューブをつけていたので、れんげ化粧水をつけにくく、結局は入院後、呼吸が苦しい状態から脱したもののれんげを顔につけるのは1日1度程度でした。

最終的には退院3日前と自宅に戻ってからがれんげ三昧になるわけで、当初の予定とは全然違う展開になってしまったのですが、2日1度、朝のみれんげをつけるだけでも小鼻のざらつきはなくなり、角栓は消滅。

顔の手触りがザラザラからツルツルになりました。

やっぱりれんげってすごいと改めて思いました。

角栓ができて目立っていた鼻の毛穴も小さくなったし、たとえ毛穴が開いていても毛穴の黒ずみがなくなったのでとにかくお肌に透明感が出た。

低栄養状態で頬や顎にはぶつぶつと吹き出物ができたりもしましたが、とにかく私がきになるのは角栓。

角栓さえなければ吹き出物はそのうち治る。

にっくき角栓はれんげを使い始めた途端にみるみる減りました。

さすがれんげ化粧水

これからは二度とスキンケアで浮気はしないと誓いました。

やっぱりれんげ化粧水はすごかった。



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

よっし~  

道子さま、さすがです(*^^*)
美への強い志、転んでもただでは起きない!
大丈夫、病気、跳ね返します!
このブログきっかけで、れんげ歴6年。
これからも経過報告まってます。

2018/12/04 (Tue) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment