FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

全顔トレチノイン再び

2018
13
卵巣に腫瘍ができてから入院、手術に至るまで、スキンケアを怠っていたこともあり、お肌の状態はあまりよくなく…

おでことか頬にぶつぶつと吹き出物ができてしまいました。

スキンケアはれんげ化粧水に戻した甲斐があって、角栓の悩みはもはや過去の出来事。

鼻にできた角栓は今はほぼ消滅し、手触りもツルツルですっきり(^O^)

でも、今は頬とおでこのぶつぶつと、透明感のなくなってしまったお肌が悩み。

そこで。

また始めましたよ、全顔トレチノイン療法。

そういえば、夏になったので全顔トレ値をするのをやめて以来なので、4ヶ月以上は間隔が空いている。

トレチノイン耐性に対する休止期間にはちょうど良い感じ。

早速昨日から夜のみ全顔トレチノイン始めました。


【私の場合の全顔トレチノインのやり方】

朝☀️

洗顔→れんげ化粧水ハイドロキノン


夜🌙

洗顔→口角炎予防のために口角周辺にオロナイン→トレチノインゲル0.1%→ハイドロキノン


こんな感じです。

これを、顔の皮が剥け始めるまで繰り返し、皮が剥けてきたらトレチノインのみ休止。

皮が完全に剥けたら再びトレチノイン再開、というのを繰り返し、満足のいくツヤツヤツルツルお肌になったらスキンケアはれんげのみにします。

本当は、トレチノインにはお肌の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促し、真皮内ではコラーゲンの分泌を高めて皮膚の張りや小じわの改善、さらには表皮内でもヒアルロン酸などの分泌を高め、皮膚をみずみずしくしてくれるという効果があるので、半永久的に使い続けることが理想。

そうすることでアンチエイジング的な効果が期待できるのです。

でも、私の場合は、見た目でお肌に透明感が出て艶がだ時点でいつもやめてしまい、気が向いたら再びトレチノインを使うというテキトー使いになってしまってます。

本当に気になる小じわやたるみは肌再生の治療にお任せ♪

これで数日後には頬のブツブツとくすみ感から解放される(*´∀`人 ♪




関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment