FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

抗がん剤の副作用対策は美容にいいことばかりだった!

2018
30
初めての抗がん剤投与から10日目です。

かるーく手足の先が痺れたりしているけれど、日常生活に支障が出るレベルではなく、吐き気とか食欲不振、味覚障害などの重い副作用もなく、普通に元気。

髪もまだ抜けてません。

ますます自分が癌患者であるという自覚がなくなる。

副作用だけは本当に人それぞれらしい。

抗がん剤は、回を重ねる毎に薬剤が体内に蓄積されていくので副作用もひどくなる傾向があるみたいで、1クール目はなんともないからといって2クール目も大丈夫とは限らないので油断禁物。

初回と同じような副作用レベル(ほとんどなし)を最終クールまで維持したいので、私なりの副作用対策を始めました。

抗がん剤副作用対策

TC療法を行うことで起こりうると言われている副作用は以下の通りです。


① 消化管 (口内炎・下痢・便秘など)

② 骨髄抑制 (貧血・白血球数の減少←感染しやすくなるなど)

③ 皮膚や毛根 (脱毛・皮膚障害・爪の変化など)

④ 神経組織(手足のしびれ・筋肉・関節痛など)


副作用対策の大前提として、まずは体内に抗がん剤を溜め込まないようにすることが大切!

そこで、1日2リットル以上のルイボスティーを飲んでます。


それぞれの対策としては、


①口内炎→重曹水での毎食後、帰宅時、就寝時、起床時のうがい

①下痢・便秘→コップ1杯の重曹+クエン酸水を朝晩飲む  

     →クエン酸療法と重曹療法の2つを実践するのも問題ないのですが、クエン酸と重曹(炭酸水素ナトリウム)を一緒に水に溶かして摂取している人がいますが、クエン酸と重曹を一緒に溶解すると二酸化炭素と水(=炭酸水)になるので、両方の効果が無くなります。(「漢方癌治療を考える」より)

上記によりクエン酸と重曹を混ぜて飲むのをやめ、クエン酸のみで1日20グラム、重曹はビタミンCと混ぜて1日3グラム程度の摂取に変更しました。


②感染→マスク必須


③皮膚障害→お風呂あがりにホホバオイルで全身保湿

③爪の変化→こまめにハンドクリームとネイル専用オイルでキューティクルケア


④→対策なし


と、まあ、こんな感じで副作用対策を始めたわけなのですが、気がついてみたらこれが美容いいいことばかり。


それぞれの対策の美容効果については、次回の記事から詳しく書いていきます。







関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment