FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

次なるむくみ対策は “モリンガ”

2019
26
抗がん剤4ール目もいつものように何事もなく無事に終了して1週間が経過。

今回は珍しく、地味にキテます。

副作用的なモノが。

といっても、毎回くるのは以下の副作用。

・手足のしびれ(回を重ねるごとに酷くなる)
・顔のむくみ(4クール目は‘耳輪ゴム’でかなり緩和)
・全身痛
・腹痛
・便秘

そして今回も同じなんだけど、地味にちょっとづつレベルアップしていってるのか、前回と比べたら今までで1番シンドイような。

寝込むレベルとかではなく、普通に仕事してるし、普通に生活できるレベル。

もしかしたら花粉症のせいかもしれない。

でもなんか、今回は今になって地味にシンドイです。

さて。

4クール目の入院時にも片時も外さなかった耳輪ゴム。

これのおかげで今回の入院でのむくみは最小限に抑えられていたように思います。

とにかく、入院2日目の抗がん剤投与の日は1日中点滴(約7時間)で、しかも薬剤にアルコールが入っているのでとにかく眠い。

点滴が終わるまでトイレと食事以外はほぼ寝っぱなしなのですが、これでまた顔がむくむ。

さらに、薬の副作用で顔がむくむ。

通常、退院してから1週間がむくみのマックスになるのだけど、今回はまあそれなりに、って感じに抑えられました。
20190226155705790.jpeg 

最初の頃は、げっそりしているよりもちょっとくらいふっくらしている方が若く見えるし、実際に10歳くらい若返ったと周りの評価も上々で。わーい

なんだけど、それを超えると「・・・あれ?太った?」に反応が変わる。

そもそも、抗がん剤の副作用で髪持ってかれるわ、まつ毛持ってかれるわ、眉毛持ってかれるわ、顔はパンパン、で、自分でも

あんた誰?

ってなっとります。

さりげなく主治医に「他の副作用は大したことないんですけど、顔がむくんで・・・・」と訴えてみるも

スルー👨

入院中に薬剤師さんに体調はどうかと聞かれた時に、

「顔のむくみ以外は元気です」

と訴えてみるも、

スルー👱‍♀️

医者にしたら、顔のむくみくらいは命に関わるわけでもないし、そのうち治るしで、どうでもいいことかもしれないけど、毎日鏡見るたびに

誰やねん

って思うのは患者のQOL(qolity of life)を下げとるっちゅうねん。

そんなわけで、自分でなんとかしますー。

毎度のように

“抗がん剤  顔がむくむ”

で検索したら、同じ種類の抗がん剤を使用していて、やはり顔がパンパンにむくんだ型のブログを発見‼️

なんと、「モリンガの種」と食べたら家族もびっくりするくらいみるみる顔のむくみが治ったとか。

で、モリンガって何?


効果があったのは「種」だったと書いてある、泣。

頼んじゃったし、とりあえずまずは粉末でお試しして、その後種を買おう!

そして、これから“モリンガ”について調べよう。
















関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment