FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

モリンガ 葉とタネ、どっちにする?

2019
08
モリンガの種を朝晩2粒づつ食べはじめ、モリンガパウダーは毎朝の青汁に1杯(約3グラム)入れて飲み始めて約1週間が経過しました。

肝心の、顔のむくみはどうなったかというと、

微妙。

治療の回数を重ねるごとに膨らんでいった顔に耐えられずにむくみ対策を始めたのが3クール終了後。

ただ今4クールが終了して2週間。

来週には5クール目の入院が待っているわりには、顔のむくみはそれほど変化ないというか。まぁ、治ってないけどひどくなってない。←これ重要。

もうちょっと様子みます。

さて。

モリンガを取り入れるにあたって、パウダータイプと種、どっちがいいのか?

ちょっと調べてみました。

私の場合、種が欲しかったけど早とちりしてパウダータイプを買ってしまい、結果、両タイプを摂取しているわけですが、調べてみると

  • パウダー→葉と茎
  • 種→種 ←当たり前

となります。

では、どっちの方が栄養価が高いのか。

そもそも、モリンガは枝・幹・葉・根・花・種・実、どの部分にも高い栄養素が含まれていて、捨てる部分がないからミラクルツリー と言われているわけで。
捨てる部分がないからといって枝や幹、根の部分は食べるのはちょっと。

必然的に食用として利用しやすいような葉や茎、種や実が出回るパターンではないかと。

栄養価としては、ざっと調べた結果、葉も種もあんまりかわらないのかな、という印象。

ただ、私が買った種のモリンガのチカラに入っていたパンフレットには、

モリンガの種は非常に栄養価が高く、食べることにより本来自分が持っている免疫力が上がり、細胞の自然治癒力を活性化させてくれます。タブレットやパウダー、お茶は日々の生活に、疲れがたまった時にタネをどうぞ
と、書いてありました。

私がモリンガを知るきっかけとなった方のブログにも、顔のむくみに効果があったのは種の方だと書いてあったので、種にはやっぱりこれから発芽するという責務をになっているだけあって、葉よりも栄養価が高いのでは、と思います。

パウダーよりも種の方が単品ですっと食べれるので私はリピートするなら種ですかね。

また何か情報を掴んだらアップします。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment