美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

乳首の色の変化

2009
01
乳首ピンク大作戦から、2ヵ月が経過しました

ちょうど昨日で皮膚科で処方してもらったハイドロキノンが無くなってしまいました。

レチノールはまだあります。

なぜかというと、

夜と朝のお手入れの方法が違うからですね

夜のお手入れ
お風呂上がりにレチノールを乳首からはみ出さないように塗り、顔にも毛穴やシミ、肝班の気になるところにうすーく伸ばします。

その後、ハイドロキノンを乳首をはみ出して多めに塗り、顔の中心から全体的に塗り、さらにシミや肝班に重ね塗りします。


朝のお手入れ
乳首は夜と同じです。
顔はレチノールは使用せず、ハイドロキノンのみをうすーく伸ばします。

ということで、ハイドロキノンの方が出番が多いので、早くなくなってしまうのです。

皮膚科で処方してもらえばよいのですが、肝班だけに使用しているはずなのに減りが早い・・・

と、先生に怪しまれるのを恐れて(笑)、今回は市販のハイドロキノンを投入です。


買ったのは、これ
ハイドロキノン

ドクターシーラボ HC-119 5%です。

濃度は同じ5%です。

けれど、ちょっと今まで使用していたのとは違います。

ドクターシーラボのハイドロキノンクリームのほうが、水っぽいです。

今まで使用していたハイドロキノンは、硬いクリームでした。

個人的には固いほうが塗ってます!って感じがして、好きかも。

でも濃度は同じ5%なので、効果は同じはず


さて、乳首の色はどうなってるか、と言いますと、ちょっと変化を感じています。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。
今までの乳首の色は、薄くはなったけれど、薄茶色でした。

けれど最近はさらに色素が抜けてきていて、茶色の色素が薄くなりつつあります。

まだまだピンクにはなっていないけれど、

今の乳首の色はこんな感じです
 乳首1101
ちなみに私の乳首ではありません


関連記事

0 Comments

Add your comment