美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

見えてきた!乳首のピンク

2010
10
3日ほど前から、またレチノール0.4%を乳首に塗り始めました

3倍になった乳輪がほぼ通常通りに戻ったので。

今回はほんのちょっぴり、お米1粒の半分くらいの量のレチノールを両乳首に塗りこみます。

ポイントは、はみ出さないようにすること

そして、丁寧に擦りこむようにして乳首に塗ります。

その後ハイドロキノン7%クリームを、多めに、乳首の倍くらいの幅にたっぷりと擦り込みます


レチノールを再開して、1日目は変化なし。

皮も剥けないし、赤くもなりませんでした。


ところが

2日目の夜です。

お風呂に入る前に恒例の乳首チェック

すると、皮が剥けそうな感じだったので、ちょっと向け始めていたところを毛抜きで

丁寧にひっぱると、日焼け後の皮剥けのようにきれいに薄皮が剥けました

こんなにきれいに剥けたのは、今まででも一番です

と、どうでもいいことに感動しつつ、2日目の夜もお風呂上がりにレチノールとハイドロキノンを塗りました。

そして、3日目の今日。

相変わらず薄皮は剥けていますが、その下に出てきた乳首の新しい皮膚の色が、

今までと明らかに違う
最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。
ピンクだ

まだまだらだけれど、ところどころの乳首はピンクになっているじゃないの


正直言って、もう乳首はピンクにはならないんじゃないの、と半分諦めていたのです。

だって、もともと皮膚の色は肌色だし。

茶色の色素が抜けて、薄い茶色にはなったけれど、ピンクっていうのはないでしょ。。

って思ってました。

けれど、今の乳首の状態からは、ピンクも夢じゃないかも

という希望の光が見えてきました。


恐るべしレチノール0.4%。

どんなにうすーく塗っても、相変わらず乳輪を大幅にはみ出て皮が剥けていますが、

剥けたところはツルンとするので、それくらい気にしない、気にしない


乳首はピンクになりそうです
関連記事