FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

カーボメッドのやり方

2009
03

にほんブログ村 部分痩せ・引き締め

このブログを読んでくれている方で、部分痩せに興味があり、これからやってみたいと思っている方の参考になればと思い、カーボメッドのやり方(やられ方?)についてお話したいと思います。

色々なサイトで調べて見ましたが、料金設定としてはどこの美容外科・皮膚科も大体同じでした。

範囲・・・1部位(約15cm四方) 約¥5,000-¥20,000 

と、幅広い料金設定です。

1部位とは1箇所のことなので、両足ふくらはぎの場合は2部位となります。

施術箇所を決めたら、ベッドに横になり決めた範囲のみにガスが注入されるように、ゴムチューブのようなもので圧迫します。

私の場合は両ふくらはぎですが、メインで細くしたいのは足首から10cm上の部分なので、その範囲がすっぽり収まるように15cm四方ゴムチューブで縛りました。

このように、範囲を自由に設定し、痩せたい部分のみに作用させることができるので部分痩せが可能となるようです。

注入する炭酸ガスの量は、回数が増え、慣れてくると増加できるそうですが、私の場合はまだ2回目だったので1回目より少し多め、くらいだそう。

炭酸ガスの注入は、片足ずつやります。
針を刺すときはほんの少しちくっとしますが、私は全然平気でした。

人によっては注入し始めが一番痛いと感じるらしいですが、私は途中のガスが入ってゴムチューブで縛っている範囲がぱんぱんに腫れているときのほうが痛かったです。
1回目よりも2回目のほうが痛みを感じました。

施術中は、クリニックの看護師さんが、櫛で注入箇所をなでるようにしてくれています。

こうすると、痛みが緩和されるのだそうです。

 


Blog RankingへGo
最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。
これからカーボメッドをやってみたいと思っている方が一番気になるのが、痛みの種類だと思います。

私はかなり痛みに強いほうです。

ちょっとくらい痛くても、きれいになれるのならがまんする、という根性の持ち主なので、痛みに弱い方は、実際は私の痛みの感想よりも2倍くらいの痛みだと思っていただければいいのかな、と思います。

ではどのように痛いのかというと、足がすごーーーく疲れていて、筋肉がぱんぱんに張ってむくんでいるのに、小さいな箱に押し込められて体を小さく折り曲げていなければならず、全身を伸ばしたいのに伸ばせない、といった「いらっとする痛み」です。

わかりづらいですよね。

だけど、私が感じたのは、外面的な、出血を伴うような痛みではなく、体の内でおこっているからどうにもできない、「いらっとする痛み」なのです。

骨折や捻挫などのようなジンジンするような痛みとも違います。

とにかく、炭酸ガスを注入している間の約15分間は、小さい箱に押し込められて、足を動かしたいのに動かせなくて、むくんでだるいからいらいらする?って感覚が続くので、誰かと話をしながら気を紛らわせていないと、正直辛いかもです。

ガスの注入が終わり、やっと動かせる?と思っても、筋肉痛のような(激)痛があるので、しばらくは動かすことができませんでした。

注入されたガス自体は、注入後5分?10分程で排出されるらしいので注入中にパンパンに膨らんでいた足も、少し腫れは残るものの、すぐに落ち着きます。

両足の施術が終了し、30分もあれば回復するので、歩いて帰ることができます。

その後は私が毎日嘆くとおり、筋肉痛が2~3日続きます。

以前にスマートリポという、レーザーで脂肪を溶かすという、こちもら部分痩せができるマシーンで施術をしたことがあることを、このブログでちらっと書きましたが、スマートリポもやはり同じような筋肉痛の痛みでした。こちらは私でもかなりの痛みを感じたので、痛みの弱い方は激痛かもしれません。

関連記事

0 Comments

Add your comment