美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

あるエステの体験談

2010
31
あるエステのお試し体験プランに行った時のお話を少々・・

かなりいや?な感じに終わってしまったのです。

当日契約をしないなら、とっとと体験代払って帰れっていう態度に変わったエステ店の女店長さん。

相当頭に来たけど、ちょっとおもしろいのでご紹介します


そもそも、予約の電話対応から少し感じ悪かった、というか、私はなんか違和感を感じていたのですが・・


まず、インターネットにて体験エステ¥3150コースを申し込みました。すると、コールセンターというところから日程と希望店舗の確認の電話がかかってきました。

希望の店舗を伝えると、そのまま希望店舗へつなげてくれました。そこで直接店舗スタッフと予約を取って欲しいとのことで。

で、電話に出たのは若い女性スタッフで、電話応対の仕方は問題なかったけれど、質問攻めに。

エステ「なぜ当サロンを選んでいただいたのですか?」

道子「え?と、興味があったので・・・」

エ「では、体のどの部位が一番気になりますか?」

道「脚が気になります!特に足首からふくらはぎにかけてが締りがないので、そこの脂肪を何とかしたいんです!」

エ「なるほど。膝下、特にふくらはぎですね」

道「いえ、ふくらはぎというか、足首からふくらはぎまでのところなんですけど・・」

エ「は?。なるほど?。ではいつまでに、どうしたい、といったご希望はありますか?」

道「特に期限はありませんが、できれば夏前になんとかなるなら・・・」

エ「では、通っていただくことになった場合、週に何回のペースでどのくらいの期間通えますか?」

道「・・・?まだ決めたわけではないので、なんとも言えませんけれど、会社があるので平日なら午後19時以降、土日は早めに予約をしてしまえば都合はつきますが・・」

エ「当サロンでは、結果を出すために最低でも週に1回、最低でも3ヶ月、回数で言うと12回は通っていただくことになっておりますが、大丈夫でしょうか」

道「?? あのー、まぁ、通うことになった場合は可能な範囲で通うようにします・・・」

エ「ではコースの金額についてご説明します。まず、ふくらはぎや太ももなど脚1箇所、10回で十うん万円で、例えばふくらはぎ、ふとモモなどは2箇所になりますので、二十うん万円です。
さらにお尻とかウエストは気になりますか?」

道「いえ、気になりません」

エ「気にならないんですか・・。もしウエストなど追加で施術される場合には・・・・・」

と、金額とコースの説明が。

まだお試しエステやってないし、決めてないのに。

この時点でちょっと違和感を感じてしまったのでした。

とはいえ、エステの内容には興味があるので、希望の日時で予約完了。

前日に電話で予約の確認をします。とのこと。

さて、前日です。

何度か電話がかかってきたのですが、タイミングが悪くすれ違いに。

行く気は満々だったので、当日は私から電話をし、ちゃんと行きます宣言をし、電話を切った15分後。再度電話が。

道「もしもし」

エ「美女様、本日19時のおご予約の確認のお電話です」

道「・・・?15分ほど前に、私から連絡をして、伺いますとお伝えしましたけど・・・」

エ「まぁ、そうでしたか?。では本日お待ちしております」


おいっ!それだけかよっ?「入れ違いで何度もすみません。」とか言うよね?普通??


ちょっとスタッフの教育がなってないんじゃないの?、とかぶつぶつ想いながらも、気を取り直して、お時間ちょうどにエステに到着。

サロンは新しそうな感じで、とても広々としていてきれいでした。

若いスタッフさんが、カウンセリングコーナーへ案内してくれ、アンケート用紙に記入するように言われました。

アンケートは全部で4枚。

食生活のことや、理想の体の芸能人、現在の体重や体脂肪、予算、通える頻度、などなど。

ひとつ、気にかかるアンケートが。

「クレジットカードに関するアンケート」

というものがあったのです。

内容は、どんな種類のカードを何枚持っているか、とか、カードをどんな時に使用しますか?とか・・・

クレジットでコースを組ませようっていう魂胆ですね?

と推定していると、

「まあ、美女様!いらっしゃいませ。始めまして」


と、一見店長風な、明らかに他の若いスタッフさんとは違う風貌の40代?50代前半くらいの茶髪のママ(じゃないと思うけど、ママさんと呼ばせてもらいます)登場!


次回へ
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment