FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

2011年最初のお題はコレッ

2011
06
チャン チャカチャカチャカチャン



チャン チャカチャカチャカチャンッ



お正月風に登場してみましたが、今日は既に6日。

世間では会社も始まり、お正月気分もあっという間に消え去ってしまっておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今年こそ元日からブログ書くぞ?って意気込もうと思ったけど、あっと言う間に6日間も経過していました。



美容に関しては心を入れ替え、お正月休みを利用してちょいちょいセルフ脂肪溶解注射とか、セルフダーマローラーとかやっておりました。

ダーマローラーもメソセラピー(脂肪溶解注射)もかなり久しぶりで、ちょっとドキドキしましたが、やってみれば手なれたもんです。

今は効果を待つばかり。


ということで、今年最初のお題です。


ピンクになった乳首はあれからどうなった??


年始早々乳首ネタとなったわけですが、はっきり言って、乳首は既にピンクになったので最近はノーマークでした。

 どうやって乳首をピンクにしたのかはコチラ

もう十分ピンクになったのに、あまりしつこくレチノールを使用して無理に皮を剥くのもどうかと思い、ほっておいたわけですが、久々にマジマジと見た乳首は、以前のようなみずみずしいピンクとはちょっと違い、ほんのりと以前の黒ずみを感じさせるようなちょっと濃い茶ピンクになってました。

この数ヶ月、特に乳首が黒ずむような特別な刺激を与えたわけでもないので、おそらく自然に茶ばんで来たのではないかと思われます。

やはり、メラニン色素は健在で、そう簡単には活動を怠らないらしいです。

といっても、以前の乳首に比べたらまだまだうっすらピンク乳首であることは間違いないので、ここらで再度レチノールとハイドロキノンで「再!乳首ピンク大作戦」を始めてみようかと思います。

その前にハイドロキノンクリームとレチノールを新調しなくては、デス。

今回はめんどくさいのであっさり個人輸入で手に入れることにします。

個人輸入ではハイドロキノンは4%までが最高濃度だったかな?

なのでこれハイドロキノンクリーム,美白,しわ取りクリーム

レチノールは前回のダーモユベントス(Dermojuventus)0.4%では強力すぎて顔や乳首がまっかっかになってしまったので、今回は王道の0.05%にしておこうかと思います。


購入したのは今回はココからジェネリック医薬品ならベストくすり
安心100%正規品保障の海外医薬品通販




久々に個人輸入しようと思って見てみたら、欲しいものがたくさんあったゎ。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment