美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

食欲抑制剤・リダクティルが消えた

2011
01
脂肪吸収薬で私にとってはマックのお伴、ゼニカルが今月から値上げしたこと、知ってますか?

ちょっとだけつぶやき道子(Twitter)でも呟いてみましたが、今日からひと箱あたり1000円程度の値上げになってしまいました(泣)

メーカーが値上げしたそうです。

ちょっと前にゼニカルを1箱買ってあったのでまだ在庫としては50回くらいマック食べられそうな感じで残っているので、昨日は1月31日23時55分まで追加でまとめ買いしようかどうしようか迷っていたのですが、

いや?あと50回もマック食べられるならもういいでしょ?

という天使の声と、

ゼニカルさえあれば油もの毎日食べたって平気なんだよ。50回なんてあっという間だよ

っていう悪魔のささやきに、

やっぱり買っとこう、
やっぱり止めよう、
やっぱり買っとこう、
やっぱり止めよう、

を何度となく繰り返し、結局どうしたかというと、じゃあ食べるの止めよう、という結論に達し、食欲抑制剤のリダクティルを久々に買うことにしました。

が、在庫がないみたいで買えなかった。

いつ入荷するか問い合わせてみたところ、未定とのことで、なんだか怪しさを感じ、ちょっと調べてみました。

というのも、リダクティルはFDAでは認可されているものの、日本では未認可、食欲を抑制するという成分にはたいてい心臓疾患のある方や、持病のある方にとっては命取りともなりかねない薬へと変化してしまうことが多々あり、そうゆう危険がないからFDAが認可しているというお墨付きがあるわけだけれど、ここにきて取り扱い中止とか在庫切れとかって、服用した方が死んだとか何かあったに違いない、と思ったわけです。

すると、やっぱりこんな記事が。

抗肥満剤 メリディア (シブトラミン) が心臓発作及び脳卒中のリスクを増加させるという臨床データに基づき、
製薬会社は米国市場からの自主回収について FDA と合意しました。


FDA は心血管系の副作用リスクから、メリディア (シブトラミン) の継続的な処方・使用をしないよう勧告しています。
また製薬会社は米国市場からの自主回収・販売停止について FDA と合意しました。




これに先駆けて、2010年の2月、ちょうど1年前にはヨーロッパ市場向けのリダクティルは自主回収されていたそうなので、これで本当にリダクティルが手に入らなくなりました。

日本で正式にお医者様の処方のもと、あるいは美容目的のダイエット薬として手に入れるのであれば、サノレックスのみということになります。多分。。。

個人輸入ではもうリダクティルは扱っていないっぽいので、、、


が、しかし。

リダクティルのジェネリック、オベスタットがまだ売っていた!!

ので購入してしまいました。

これも成分は同じなので、そのうち市場から消えるでしょう。

私には心臓疾患も、持病もないし、最初に医師の処方をしてもらっているので無茶しなければ大丈夫なはず。

短期間で一気に2キロとか痩せるのにはやはり食欲抑制剤に頼ってしまいます。

これで最後と心に決めて、オベスタットを購入しました。

到着したら、またリポートします。

分別のある美容マニアの美女道場の読者様はくれぐれも私の真似はしないでください。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

2 Comments

たかちゃん  

オベスタット(インド)の効能

以前にオベスタットを服用していたので忠告しておきますね

あれはハッキリ言って「鬱」になります
ホントです

安いからって買わない方がいいですよ(^^

リダクティル15mgストックしているので気軽にどうぞ
(有効期限2012年8月のもの)

2011/02/15 (Tue) 18:33 | EDIT | REPLY |   

お名前  

タイトル

私はオベで欝になりませんでしたよw
みんながみんななるみたいなきめつけがキモイww
頭おかしい人なんでしょうね

2011/07/21 (Thu) 13:29 | EDIT | REPLY |   

Add your comment