美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ラティース・ルミガン・ケアプロストで目の際が黒くならない方法

2011
07
この前Q&Aにてさりげなく触れたけど、Q&Aコーナーにてさらっと書いたので見逃している方もいるかもと思い、一つの記事に昇格しました

題して


ケアプロストルミガンラティースで目の周りの皮膚が黒くならない方法


ですイモト←イモト

ラティースを買う時の注意事項として、

「皮膚に付くと黒く色素沈着することがあります。」とか、こんな感じの注意事項があります。

私の場合はケアプロスト使うと一番ひどくて、次の日の朝には目の際がこうなります↓
ラティースのしみ

そしてこれがちょっとヒリヒリするっていうか、結構痛い時もある。

そこで、液体がまつ毛の生え際意外の皮膚に付くのを防ぐ方法を発見!

っていっても、いつもの「ワセリン君」を使うだけデス。



まず、
1.綿棒にワセリンをつけます。
2.目尻・下まぶた・上まぶたに綿棒でうすーくワセリンを塗ります。
3.その後、ケアプロストルミガンラティースを付属のは毛でまつ毛の際にいつものように塗るだけ。

気をつけることは、まつ毛の際までワセリンがつかないようにすること。

そうしないとせっかくの育毛剤がまつ毛の際に付かなくなっちゃうからさ~。

ワセリンは眉毛脱色の時も脱色剤の刺激から皮膚を守ってくれるので間違いないです。

ワセリンつけないで眉毛を脱色すると、毛以外の皮膚が溶けてはがれて傷になって染みて痛いです。(何度も体験済み)

でもワセリンを眉毛の周りにつけてから脱色すると、脱色剤がはみ出ても大丈夫。


私はワセリンを下まぶたにつけて、下まつ毛にもブラシでたっぷりケアプロスト付けてマス。

すぐに伸びる&まつ毛が太くなるので一生手放せないアイテムになると思われまふ。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment